スポンサーリンク

【AEW】ニューヨーク大会のキャパは約24,000人。「完売できる?」というファンの疑問に対し、Codyがリアクション

ニュース

現地時間9月22日、AEWはニューヨークにあるアーサー・アッシュ・スタジアムでDynamiteの収録を行います。

AEW初の「ニョーヨーク」進出が決定。クリス・ジェリコが考える「マクマホン家のお膝元で、WWEとの関係を持たない会場を利用する意義」
現地時間9月22日、AEWはニューヨークにあるアーサー・アッシュ・スタジアムでDynamiteの収録を行うと発表しました。「Grand Slam」と銘打たれた特別放送は、AEWがはじめてニューヨークに進出する記念すべき放送となります。 ...

世界最大のテニス専用競技場である同会場のキャパシティは約24,000人。AEWがこれまでに開催したイベントで最も多くの観客を動員したのは旗揚げ興行「Double or Nothing(2019)」の約11,000人です。フルキャパシティでのチケット販売となるかはまだわかりませんが、相当大きなハードルですね。

このことについて、ファンの間では「チケットを完売できるのか?」という疑問を持つ人もいます。2夜連続開催となった今年のレッスルマニア37は、1夜ごとに約25,000人のファンが会場に集まりました。これに匹敵する量の観客を集めるのは至難の業……。

しかし、副社長のCodyは自信を見せています。上記のようなリプを飛ばしてきたファンに対し、こう返しました。

前にも言われたことがあるよ。

「前」とは、2018年にCody & ヤング・バックスが主催した自主興行「All In」のことです。3人がこのイベントを企画したきっかけは、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによる「ROHでは1万人規模の会場を完売させられないだろう」という趣旨のツイートでした。チケットは販売開始後に即完売。結果的に約11,000人のファンを動員することに成功しました。All InはAEW設立のきっかけの1つになりましたし、Codyにとっては思い出深いイベントです。

「前」よりも2倍も多くのファンを集めなければならないという苦しい状況をどう乗り越えるのか?本当にチケットを完売させられるのか?注目です。

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンが番組のマンネリ化対策に動く?クリエイティブの改善を検討中
WWEの番組は内容にケチをつけられることも少なくありません。世界中で多くの視聴者が番組を見ているわけですから、すべての不満を解消するのは困難です。 最近、特にRAWの内容が批判されがちです。同じことの繰り返しばかりで退屈、印象...
ACHが引退を発表。「ドラマチックな演出はいらない」
昨日、新日本プロレスやROH、WWEで活躍したACHが引退を発表しました。 この投稿をInstagramで見る ...
タイトルとURLをコピーしました