スポンサーリンク

【WWE】新たに雇用されたライターによる「私はプロレスのことを何も知らない」発言により、WWEが当惑していると報じられる

ニュース

WWEで働いているライターやクリエイティブ部門のスタッフの中には、プロレス界未経験の人たちもいます。そうした人たちがプロレス番組を作ることについてはファンの間で長年議論が繰り広げられてきましたが、その議論に拍車をかけるような出来事がありました。

最近、WWEはケニス・モブレーという人物をライターとして雇用しました。彼女はスタンダップコメディアンで、テレビ番組への出演経験もあります。ただ、WWEに加わる前はプロレスのことはまったく知らなかったようで、WWEもそのことを気にせず採用した、ということをPodcast番組で明かしました。

プロレスの知識はまったく求められなかった。でも、映画製作やコメディの脚本を書いた経験があるから、WWEから「完璧だよ。ぜひ来てくれ」みたいな感じで受け入れられたんだ。

今はRAWのチームで働いてる。RAWとSmackDownの2つの番組があって、ボビーという選手がいるよね……ボビー・アシュリー?ラシュリーだっけ?いや、ちゃんと知ってるんだけどね?彼はでっかい黒人の男で、彼と仲間たちは、自分たちのことを…今も?少なくとも去年まではそうだったはずだけど、The Hurt Businessと呼んでた。The Hurt Businessだよね。スーツを着ていて、「俺たちはクールだ!」って言ってた。

このレベルで番組を作っているとは……。彼女はコメディアンですから、もしかしたらジョークなのかもしれません。WWEでは、知識のないスタッフが加わることは珍しいことではありませんが、本人がここまで無知を認めることは珍しいのではないでしょうか。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、彼女のこの発言はすぐにWWEに伝わったとのこと。「WWEにとって公にしてほしくないこと」を話してしまったことにより、彼女は「切羽詰まっている」状態なのだそうです。

団体にとってデメリットしかない、「WWEは愚か」というイメージを外部に与えるような発言です。WWEはこの状況に当惑しているとのこと。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】大量リストラ。タイラー・ブリーズ、トニー・ニース、シン・ブラザーズらが解雇される
2021年のWWEは人件費削減の一環として月1回ペースで複数人の選手たちを解雇しています。サモア・ジョーのようにすぐにWWEと再契約する選手もいますが、大半はそうはなりません。 今日、WWE社長のニック・カーンは、WWE本部で...
【AEW】ケニー・オメガとアンドラーデがTwitterで挑発し合う。「あんたみたいな口だけ野郎しかいない団体にうんざりしてた」
ケニー・オメガの持つAAAメガ王座への挑戦が決定しているアンドラーデ。WWE退団後、AEWと契約した彼は、タイトルマッチが終わった後もケニーとのやり取りが続くかもしれません。 AEWでは、選手の勝敗記録がしっかりと残され、テレ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました