スポンサーリンク

【WWE】大量リストラ。タイラー・ブリーズ、トニー・ニース、シン・ブラザーズらが解雇される

ニュース

2021年のWWEは人件費削減の一環として月1回ペースで複数人の選手たちを解雇しています。サモア・ジョーのようにすぐにWWEと再契約する選手もいますが、大半はそうはなりません。

今日、WWE社長のニック・カーンは、WWE本部で行われた会議で以下の選手たちの解雇を決定しました。

  • タイラー・ブリーズ
  • トニー・ニース
  • シン・ブラザーズ
  • キリアン・デイン
  • マリナ・シャフィール
  • アルトゥーロ・ルアス
  • カート・スタリオン
  • ファンダンゴ
  • Ever-Rise(チェイス・パーカー & マット・マーテル)
  • アリーヤ・デバリ
  • オーガスト・グレイ

Fightfulによれば、本来はここに含まれない選手も解雇の対象になる予定だったそうですが、土壇場で回避されたケースもあったとのことです。

通常、WWEから契約途中で退団することになった選手たちには90日間の競業避止義務が課せられます。彼らも例外ではないはずですが、グレイの場合は期間が30日とされています。

(Wrestling Inc, Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガとアンドラーデがTwitterで挑発し合う。「あんたみたいな口だけ野郎しかいない団体にうんざりしてた」
ケニー・オメガの持つAAAメガ王座への挑戦が決定しているアンドラーデ。WWE退団後、AEWと契約した彼は、タイトルマッチが終わった後もケニーとのやり取りが続くかもしれません。 AEWでは、選手の勝敗記録がしっかりと残され、テレ...
【WWE】トニー・ストームがバイセクシャルであることをカミングアウトする
LGBTQ+の権利を啓発する活動・イベントは世界中で盛り上がりを見せています。東京では春に東京レインボープライドというイベントが開催されていますね。世界的に見ると、6月はプライド月間と呼ばれ、各地で様々な活動が行われます。 ...
タイトルとURLをコピーしました