スポンサーリンク

【AEW】ボストンでのDynamite収録が延期になった理由は「ボストン大学からの要請」だった

ニュース

全米ツアーを再開するAEWは、現地時間9月8日にボストンのアガニス・アリーナでDynamiteの収録を開催する予定でした。しかし、最近、この日程が10月27日に延期されました。

もともと、このイベントは2020年4月15日に予定されていたものです。新型コロナウイルスのパンデミックの影響でこれまでに2度の日程変更があり、今回で3度目の変更となります。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、延期になったのはボストン大学からの要請に従ったためなのだそうです。同大学ではアガニス・アリーナをコロナワクチンの接種会場として利用しているため、AEWに対して収録日程の変更を依頼したのだとか。学生たちは冬学期の講義を受けるための条件としてワクチン接種が義務付けられているため、大学側からAEWに配慮する理由は1つもありません。

今後もこのような形でスケジュールの変更を強いられる可能性はゼロではありません。仕方ないですね。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ヴィッキー・ゲレロが語る「夫エディ・ゲレロから学んだ『プロレス界で働くときのポイント』」
伝説のプロレスラー、エディ・ゲレロの妻で、WWEで番組の出演者として活躍していたヴィッキー・ゲレロ。現在、彼女はAEWでナイラ・ローズ & アンドラーデのマネージャーとして活動しています。 Podcast番組「It's...
【WWE】ボビー・ラシュリーの名前がわからなかったライターに対し、現場は「軽蔑されている」と感じていた
先日、RAWのクリエイティブチームでライターとして活動していたケニス・モブレーが解雇されました。最近WWEに雇用されたばかりだった彼女は、出演したPodcast番組でプロレスやWWEへの知識の無さを露呈し、話題になりました。 ...
タイトルとURLをコピーしました