スポンサーリンク

【WWE】キース・リーが長期欠場の理由を明かす。「死との戦いだった」

ニュース

2021年2月から7月まで長期欠場していたキース・リー。Youtubeでその理由を語りました。

まず、彼は2021年1月に新型コロナウイルスに感染しました。現地時間2月8日に放送されたRAWで復帰できたものの、その翌日に「血液検査の結果、致命的になりかねない心臓の炎症があることがわかった」という連絡を受けたのです。

トレーニングが禁止され、基本的には軽い散歩以外のことはできなかったんだ。それ以上のことをやってしまうと命に関わるかもしれないという不安があったね。3〜4ヶ月はそんな状態が続いて、心臓のMRIを何度も撮ったよ。まあ、俺の身体は検査の機械にはフィットしなかったけど。ひどくてさ、肩がめちゃくちゃ苦しいんだ。でも、やらなきゃならないことはやらないといけないだろ?言わば、死との戦いだったんだよ。

WWEが検査のために俺をピッツバーグに送ってくれるまでの状態になり、心臓病の可能性があるということで、遺伝子検査やら何やらまでやらなきゃいけないところまで来てしまった。ただ、長い時間はかかったけど、最終的には炎症の状態が正常に戻ったんだよ。本当に運が良かった。最初のMRIの結果が良くなくても、2回目のMRIが最悪でも、時間が経つにつれて少しずつ良くなっていき、最終的には、検査を受けた後で体型を少し戻すための許可が出たんだ。本当に苦しいのはそれなんだけどね。

時間がかかってしまったし、正直言って、(復活戦の舞台となった)ダラスでみんなに姿を見せられるかどうか、テレビ的には定かではなかった。だから、気にかけてくれた人たちには本当に感謝してるよ。

Fightful

あわせて読みたい

WWEから解雇されたアリ・スターリング(アレックス・ゼイン)が心境を語る。「本当にショックだった」
8月の大量リストラの対象になってしまったアリ・スターリング。インディ界にアレックス・ゼインが帰ってくることになりました。WWEでの試合数はたったの10。最後の試合はKUSHIDAとのシングルマッチでした。 Wrestling ...
【AEW】ジム・ロスがCMパンクを語る。「プロレス界の宝。知識やノウハウの共有をいとわない男だ」
カルト的な人気を誇るプロレスラー、CMパンク。「プロレスラー」とはいっても最後の試合からすでに7年半が経過していますが、ここ6ヶ月はドラマ「Heels」で演じるヒールレスラー役のためのトレーニングを重ね、コンディションは万全だとされています...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました