スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長が語る「自身を番組のキャラクターとして活用するかどうか」

ニュース

プロレスコンテンツでは、団体の権力者が自らキャラクターとして番組などに出演することがあります。その代表格はビンス・マクマホン。彼は自分自身の存在さえも最大限に活用し、WWEの価値を高めました。

一方で、AEWのトニー・カーン社長は、自らをキャラクター化することはないと名言しています。

番組の台本を書く時に、キャラクターとしての自分の名前を書くことはないね。理にかなっているならやるけど、書くとしてもあくまでストーリーの筋に出てくるだけのことだよ。番組に出たことも何度かあるけど、それは俺がマッチメーカーだから。レスラーがやりたいことを実現する手軽な方法は、試合を組む俺に番組内でアピールすることだからさ。俺が何かを演じたり番組に出たりする必要はないけど、コミッショナーや、ルールを司る人物は番組に必要だろう。

番組やPPVが終わった後で会場のファンに姿を見せることはあっても、キャラクターとして内容に深入りすることはない。そうは言っても、いつかヒール化する姿も見てみたいですけどね。アメプロの醍醐味の1つだと思うので…。以下、トニー社長の貴重な登場シーンです。

【AEW】トニー・カーン社長がビンス・マクマホンから受けた影響と共通点を語る。「やり方は違うけどね」
プロレス界で最も強い影響力を持つのはビンス・マクマホンです。WWEの最高責任者として団体を率いる彼への評価は様々ですが、その影響力だけは誰にも否定できないでしょう。 AEWのトニー・カーン社長もビンスから多くのインスパイアを受...

WhatCulture

あわせて読みたい

【新日本プロレス】Aussie Open(カイル・フレッチャー & マーク・デイビス)がUNITED EMPIRE入り。実力派タッグチーム
現地9月19日に行われたRevPro・High Stakesで、新日本プロレスのユニットに新たなメンバーが加わりました。 イベントには新日本プロレスから3人のレスラーが出場。海野翔太と辻陽太はそれぞれシングルマッチに勝利。メイ...
トミー・ドリーマーが「リック・フレアーによる問題行為の被害者」への無神経な発言を謝罪。「心の底から申し訳なく思っている」
プロレス界の裏側を扱うVice TVのドキュメンタリー番組「Dark Side of the ring」の最新エピソードをきっかけに、リック・フレアーとトミー・ドリーマーが炎上しました。 新エピソードで取り上げられたのは、20...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました