スポンサーリンク

トミー・ドリーマーが「リック・フレアーによる問題行為の被害者」への無神経な発言を謝罪。「心の底から申し訳なく思っている」

未分類

プロレス界の裏側を扱うVice TVのドキュメンタリー番組「Dark Side of the ring」の最新エピソードをきっかけに、リック・フレアーとトミー・ドリーマーが炎上しました。

新エピソードで取り上げられたのは、2002年にWWEのロースターが飛行機内で泥酔し、問題行為を働いた悪名高い「Plane Ride From Hell」事件です。事件を目撃し、被害者にもなったキャビンアテンダントの女性が、裸にガウンのリック・フレアーから性器を触るよう強要される性的虐待を受けたことを番組内で告発。フレアーが出演していた広告キャンペーンが中止になるなどの影響が出ています。

【WWE】リック・フレアーが「過去の疑惑」で炎上。広告キャンペーンが中止になり、トミー・ドリーマーは停職処分に
史上最高のレスラーと称されるリック・フレアーが炎上しています。 きっかけになったのは、プロレス界の闇を扱うTVシリーズ「Dark Side of the Ring」の今日公開された新エピソードで、2002年に起きた「Plane...

番組に出演したドリーマーは、フレアーの行いを「ジョークだった」とし、被害者が2004年にWWEとの示談に応じたことに対して「お金で解決せずに、法律を最大限に利用して、彼をムショにブチ込めばよかったじゃないか」と発言しました。この無神経な発言もまた炎上し、インパクトは彼を停職処分にしたと発表しました。

今日、ドリーマーはTwitterに謝罪文を投稿し、

Dark Side of the ringでの私の発言は、誰かの気分を害したり、怒らせたり、恥をかかせたりすることを意図したものではありませんでした。発言が無神経なものだったことや、誰かの個人的な経験への記憶を蘇らせかねないものだったことは理解しています。私は、いかなる種類の性的違法行為も容認しません。不快な思いをさせてしまった方々にお詫びします。心の底から申し訳ないと思っています。

と釈明しています。

プロレス界が100%健全な場所ではないことは誰もが理解しているでしょうし、時には大きな問題が起こることもあります。2020年には男性レスラーによる問題行為が次々と告発された#SpeakingOutムーブメントがTwitterで起こりましたし、クリス・ベノワが起こした一家心中事件はステロイド剤の悪影響を浮き彫りにしました。

また、ドリーマーと同い年のロブ・ヴァン・ダムは「デビュー当時、プロレスラーがドラッグを使って女性たちを自分の思い通りにするのはよくあることだった」と認めています。ここまで悪質なものではないにしろ、若い頃の行いが表沙汰にならないことを願いながら生活している元プロレスラーはたくさんいるでしょう。そうした人たちにとって、現代は厳しい時代です。

あわせて読みたい

【新日本プロレス】Aussie Open(カイル・フレッチャー & マーク・デイビス)がUNITED EMPIRE入り。実力派タッグチーム
現地9月19日に行われたRevPro・High Stakesで、新日本プロレスのユニットに新たなメンバーが加わりました。 イベントには新日本プロレスから3人のレスラーが出場。海野翔太と辻陽太はそれぞれシングルマッチに勝利。メイ...
【AEW】トニー・カーン社長が「AEWファン層の詳細な分析」「人気拡大の要因とWWE」を語る
AEWの勢いが止まりません。現地9月5日開催のPPV「ALL OUT」はWCW級のPPV売上件数を記録し、Dynamiteの18〜49歳の視聴者数・視聴率がWWE・RAWを上回り……。チケットの売上も絶好調です。 経済...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました