スポンサーリンク

【ROH】テープライブラリー売却の噂と団体の将来はどうなる?

ニュース

先日、Sports Illstratedが「ROHは団体のテープライブラリーを高額で売りに出している」と報じました。

ROHは団体の再構築に入ります。2021年末をもって所属レスラーを手放し、2022年の第一四半期を活動停止。2022年4月以降はその時々にブッキングできるインディレスラーたちを起用した番組やPPVを作るスタイルに移行するとされています。

ブライアン・ダニエルソンやCMパンクといったレジェンドからAEW設立の中心メンバーまで、様々なレスラーが活躍してきたROH。そのライブラリーは、どの団体にとっても価値のあるものでしょう。特にAEWにとっては。

しかし、この報道は間違いかもしれないそうです。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、WWEやAEW、インパクト・レスリングの関係者はライブラリーが売りに出ていることを知らなかったそうです。主要な買い手に営業をかけないわけがないので、関係者が知らないということは売りに出ていないということだ、とのこと。

また、メルツァーはROHの将来についてもコメントしています。レスラーとの契約を持たないインディ団体の一つに戻る。団体のキーパーソンはほとんど去っていく、そうじゃなくても、オファーがあればROHに残るレスラーはいないだろう……。現行メンバーで行われる最後のPPV「Final Battle」の前後では、団体の姿はまったく変わってしまいそうです。

(Wrestlin Observer, SESCOOPS)

あわせて読みたい

トム・ローラーがMLWからの退団を報告。「4年間ありがとう」
MMAファイターで、プロレスラーとしては2020年からNJPW STRONGに参戦しているトム・ローラー。 先日、彼は所属団体のMLWから退団することが報じられていました。今日、彼はフリーランスになったことを報告し、団体に感謝...
【WWE】ダニエル・ブライアンの退団の仕方は「これ以上ない」とバックステージで賞賛されていた
2021年4月にWWEとの契約を満了し、9月にAEWへ移籍したダニエル・ブライアン。 彼のWWEラストマッチはローマン・レインズとのWWEユニバーサル王座のタイトルマッチでした。 Fightfulによれば、バック...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました