スポンサーリンク

AEWがブレイ・ワイアットの獲得を「間違いなく」計画していたと報じられる

ニュース

2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。10月下旬にWWEとの協業回避義務が終了し、現在はどの団体にも参戦可能な状態です。

【WWE】クリエイティブに不服のブレイ・ワイアットに対し、ビンス・マクマホンが不満を抱いていたと報じられる
2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。彼は、団体のクリエイティブに不服だったとされており、また団体側は彼のパフォーマンスや体重をネガティブなものとして捉えていたとされています。 Fightfulは、元...
【WWE】ブレイ・ワイアット解雇の背景に「パフォーマンスと体重の問題」があった?
2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。新たな拠点としてAEWやインパクト・レスリングの名前が上がっていますが、競業回避義務期間が明ける10月29日までは他団体での活動はできません。 2021年...

しかし、彼はまだどの団体とも契約を指定ない状態です。ハリウッドで映画製作のプロジェクトに加わることがその理由でしょうが、狙っている団体が存在しないわけではなく、インパクト・レスリングはかなり熱を入れて獲得に乗り出していたものの、交渉がまとまらなかったとされています。

インパクト・レスリングがブレイ・ワイアット&ブラウン・ストローマンとの契約交渉に苦労中
先日放送されたAEW・Dynamiteでは、元WWEのトニー・ニースが観客として登場し、「最もホットなフリーエージェントの一人」と紹介されていました。 確かに、WWEでクルーザー級のチャンピオンになったことがあるニース...

また、AEW社長のトニー・カーンも彼に好意的な感情を持っていると公言しています。おそらく、彼の移籍先はどちらかの団体になるのでしょう。

レスリング・オブザーバーによれば、AEWは彼の獲得を「間違いなく」計画していたそうです。ハリウッドでの仕事が落ち着き、再びプロレス界での活動を視野に入れた時、彼がサインするのはどの団体の契約書なのでしょうか?

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】ハングマン・ペイジがBullet Club時代を振り返る。「劣等感があった」
ケニー・オメガの持つAEW世界王座への挑戦権をついに獲得したハングマン・ペイジ。ファンは彼のことを熱烈に支持しており、ブリー・レイの「タイミングをもっと熟成させるべき」という論はかなり批判されました。 AEWの次世代ス...
【AEW】ブライアン・ダニエルソンが「総合格闘技に興味はあるけど、やらない理由」を語る
トップレスラーのブライアン・ダニエルソンは高い技術力活かして名勝負を作り続けてきました。レスリング・オブザーバー・アワードでは、テクニシャンを表彰する賞の名前が「ブライアン・ダニエルソン賞」になっているほどです。 卓越した技術...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました