スポンサーリンク

【WWE】ブレイ・ワイアット解雇の背景に「パフォーマンスと体重の問題」があった?

ニュース

2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。新たな拠点としてAEWやインパクト・レスリングの名前が上がっていますが、競業回避義務期間が明ける10月29日までは他団体での活動はできません。

【AEW】トニー・カーン社長が「ブレイ・ワイアット入団の可能性」に言及する
2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。人気者の新天地はどこになるのか……多くのファンが知りたがっていることでしょう。 候補の1つに挙げられることも多いAEWのトニー・カーン社長は、ワイアットについて次のように...
【Impact】ブレイ・ワイアット獲得のため、ロースターに「彼と連絡を取れ」という指示があったと報じられる
AEW入団が噂されている元WWEのブレイ・ワイアット。インパクト・レスリングも人気者の彼を狙っています。 インパクトはワイアット獲得を熱望しているとされていますが、Fightfulによれば、現時点で両社...

2021年4月開催のレッスルマニア37に出場した後、彼はしばらく番組から姿を消していました。結局復帰しないまま退団ということになってしまったわけですが、その背景には2つの問題があったようです。

Podcast番組「Mat Men」のアンドリュー・ザリアンによれば、彼には「パフォーマンスと体重の問題」があったとのこと。そのため少し扱いにくい存在となってしまい、高額の年俸や今後の計画などの要素も考慮した結果、解雇という決断に至ったようです。

キャラクターが良くても、試合を組むことが難しい……ということであれば、解雇は致し方ないことだったのでしょう。団体の意識が若手の育成に向いていることも影響したかもしれません。

【WWE】団体内でベテラン選手が多いことへの問題意識があると報じられる
WWEには多くの選手が在籍しています。2020年から2021年にかけて多くのレスラーが解雇されたものの、それでも規模は世界一。年齢層も様々です。 しかし、団体内には「ある年齢層」の選手が多くなっていることについての問題意識があ...

こういう経緯があるのだとしたら、彼と契約する団体のブッキングがどうなるのかに注目せざるを得ませんね。トニー・カーンAEW社長やスコット・ダモールImpact副社長のマネジメントはどうなるのでしょう?

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

【海外の反応】ドリームマッチは壮絶なしばき合いに。鈴木みのる VS ブライアン・ダニエルソンを海外ファンはどう見たか?
現地10月15日に放送されたAEW Rampageは、番組放送前に1時間のYoutube無料生配信がありました。3試合とプロモで構成されたこの配信で、鈴木みのるとブライアン・ダニエルソンのシングルマッチというとんでもないカードが組まれたので...
【AEW】故ブロディ・リーの妻アマンダ氏の入社が発表される
2020年12月に逝去したブロディ・リー(ルーク・ハーパー)。最後に所属した団体AEWの在籍期間は1年に満たないものでしたが、AEWにとって彼の存在は非常に大きく、あらゆる場面で彼のレガシーを最大限に活用しているほか、WWEからの大物レスラ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました