スポンサーリンク

【AEW】ハングマン・ペイジがBullet Club時代を振り返る。「劣等感があった」

インタビュー

ケニー・オメガの持つAEW世界王座への挑戦権をついに獲得したハングマン・ペイジ。ファンは彼のことを熱烈に支持しており、ブリー・レイの「タイミングをもっと熟成させるべき」という論はかなり批判されました。

【AEW】ブリー・レイが考える「ハングマン・ペイジがまだAEW世界王座チャンピオンになるべきではない理由」
現地11月13日に開催されるPPV「Full Gear」でケニー・オメガの持つAEW世界王座に挑戦するハングマン・ペイジ。 ファンからの支持を集めているペイジがついにタイトルに挑戦するとあって、界隈は盛り上がっています。ケニー...

AEWの次世代スターになることが確定しているような状況のペイジ。多くの日本人ファンは、彼を初めて認識したのは「Bullet Clubの若手レスラー」としてだったでしょう。ROH時代の2016年にユニットへ加入した彼は日本のファンから一定の支持を集め、2018年には新日本プロレスのG1 CLIMAXにも参加しました。同年に勃発したBullet Club分裂騒動ではCody側に付き、ケニーたちと抗争していましたね。

当時のBullet Clubは、3代目リーダーを務めていたケニーを中心に、世界中で実績を積んだメンバーが集っていました。大舞台での経験が浅く、大きなタイトルを獲得したことのなかったペイジは、実力者揃いの巨大ユニットの中での活動において、どのような心境だったのでしょうか?

Men’s Healthのインタビューの中で、彼は次のように語っています。

新日本では複数人タッグマッチで負けてたよ。G1での実績もなかった。そういうシチュエーションでどう思っていたのかを話すのは、プロレス界では新鮮なことなんじゃないかと思う。でもさ、あの集団の中で劣等感を覚えなかったなんて、ありえないだろ?

今や、彼はスターです。日本時間11月14日開催のPPV「Fulle Gear」で彼がケニーを倒す姿を、誰もが見たがっています。劣等感があった時代のリーダーを倒し、団体を率いる立場になることはできるでしょうか?

あわせて読みたい

【AEW】ブライアン・ダニエルソンが「総合格闘技に興味はあるけど、やらない理由」を語る
トップレスラーのブライアン・ダニエルソンは高い技術力活かして名勝負を作り続けてきました。レスリング・オブザーバー・アワードでは、テクニシャンを表彰する賞の名前が「ブライアン・ダニエルソン賞」になっているほどです。 卓越した技術...
【AEW】マラカイ・ブラックもダンテ・マーティンを絶賛。「ウィル・オスプレイになれる」
AEWに所属する二十歳のダンテ・マーティンは、次世代のトップ・ハイフライヤーになることが期待されています。 若き才能を評価する声は多く、先日はマット・サイダルがその実力を讃えていました。 マーティンとシングルマッ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました