スポンサーリンク

【WWE】コロナワクチン未接種選手が解雇された問題、WWE側が気にしていたのは「選手の価値」だった

ニュース

先日WWEから解雇された18人の選手のうち、数人が新型コロナウイルスのワクチンを未接種だったことを理由に解雇されていたことが話題になりました。

【WWE】ナイア・ジャックスをはじめとする数名のレスラーが「新型コロナウイルスのワクチン接種を拒んだ」ことが原因で解雇されたと報じられる
今日、WWは18名のレスラーを解雇しました。 カリオン・クロス、キース・リーといったNXTで結果を残しながらもメインロースターとしてのチャンスを与えられなかったレスラーもいれば、これから売り出されようとしていたレスラー...

WWEは選手たちにコロナワクチンの接種を強制していませんでした。ネット上では「こんな状況でも接種していなかったのだから、解雇されたとはいえ彼らに同情することはできない」という意見も多く見られました。しかし、「解雇の可能性がある」などと伝えていなかったのはちょっとどうなんだろう…と思ってしまいます。

レスリング・オブザーバーによれば、WWEが気にしていたのは「ワクチンを未接種であることにより、選手の価値が下がること」だったそうです。今後世界ツアーを再開するにあたって、ワクチン未接種の選手は入国が困難が国が出てくることが予想されます。そうした選手たちは海外ツアーに参加できないため、価値が下がる……という理屈のようです。

AEW社長トニー・カーンは、ロースターの大半がワクチンを接種済であることを明かした上で、ポスト・コロナ時代のツアーの難しさを語っていました。世界を相手に仕事をする上で、ワクチンを接種しているかどうかは人材を判断する上で重要な基準になっていくのかもしれません。

【AEW】トニー・カーン社長が語る「ロースターのコロナワクチン接種とツアーをめぐる問題」
先日WWEから解雇された18人のうち、数人が「新型コロナウイルスのワクチンを接種していなかった」ことが原因で解雇に至ったとされています。 ツアーで各地を訪れるにあたって、ワクチン未接種であることがマイナスに働くことも十...

(Wrestling Observer, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【AEW】ハングマン・ペイジがBullet Club時代を振り返る。「劣等感があった」
ケニー・オメガの持つAEW世界王座への挑戦権をついに獲得したハングマン・ペイジ。ファンは彼のことを熱烈に支持しており、ブリー・レイの「タイミングをもっと熟成させるべき」という論はかなり批判されました。 AEWの次世代ス...
【WWE】シャーロット・フレアーとベッキー・リンチのガチ不仲をテレビ番組に持ち込むことが計画されている?
WWEが誇る女性スーパースター、シャーロット・フレアーとベッキー・リンチの間には実生活での問題が生じているとされています。 2人の関係がクローズアップされるきっかけになったのは、10月下旬に放送されたSmackDownでのセグ...
【新日本プロレス】バディ・マシューズがオカダ・カズチカ戦への意気込みを語る。「デビュー戦としてこれ以上ない」
現地11月13日にアメリカはカリフォルニア州サンノゼで開催される新日本プロレス「Battle In The Valley」。日本からオカダ・カズチカが遠征し、元WWEのバディ・マシューズと対戦することが決まっています。 オカダ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました