スポンサーリンク

【WWE】ナイア・ジャックスをはじめとする数名のレスラーが「新型コロナウイルスのワクチン接種を拒んだ」ことが原因で解雇されたと報じられる

ニュース

今日、WWは18名のレスラーを解雇しました。

【WWE】ナイア・ジャックスやハリー・スミスら18人の選手が解雇される。一部レスラーに新型コロナウイルスワクチン未接種の噂
今日、WWEは18人のレスラーを解雇しました。 解雇リストは以下の通り。 ナイア・ジャックス エンバー・ムーン ハリー・スミス(デイビーボーイ・スミス・ジュニア) キース・リー ミア・イム ...

カリオン・クロス、キース・リーといったNXTで結果を残しながらもメインロースターとしてのチャンスを与えられなかったレスラーもいれば、これから売り出されようとしていたレスラーもいる。パフォーマーが職を失うのは辛いことです。

そんな中、New York Postは、解雇者リストに含まれていた元RAW女子王座チャンピオンのナイア・ジャックスが解雇された理由が「新型コロナウイルスのワクチン接種を拒んだことだった」と報じています。

レスリング・オブザーバーのは、この報道を事実だとし、「解雇されたうちの何人かは、ワクチンの接種を拒んだこと、そしてそれを逃れることができるほどのビッグスターではなかったことが原因だ」と指摘。彼女を含め、5人がこの理由で解雇されたとしています。

表向きの理由は「人件費の削減」ですが、コロナの影響は、観客が会場に戻ってきた今も強く残っているようです。

(NYP, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました