スポンサーリンク

【WWE】アメリカ移住に否定的だったウォルターに心境の変化?今後はアメリカでの活動が増える?

ニュース

ヨーロッパのプロレスシーンを牽引する巨人ウォルター。彼の活動拠点はイギリスのNXT UKで、アメリカで開催される収録やイベントに参加する機会は多くありません。

その背景には「アメリカに移住するのは嫌だ」という彼自身の確固たる意志があるとされており、WWEはそのことを理解した上で彼と契約しています。

【WWE】ウォルターが「NXT UKの重要性」を語る。「アメリカで生活することには乗り気じゃなかった」
2018年から配信が始まったNXT UK。ヨーロッパ各地を拠点とする選手たちを集め、高いクオリティの試合を提供しています。 2019年にWWEと契約したウォルターはNXT UKの中心的存在です。「After The Bell」...

しかし、PWInsiderによれば、最近その心境に変化があったそうです。私生活の変化によりアメリカ移住に前向きになったとのこと。

もしかしたら、近いうちにウォルターが拠点をアメリカに移すかもしれません。

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガが肩を負傷しながらハングマン・ペイジとのタイトルマッチに挑んでいたことが明らかに
現地11月13日に開催されたPPV「Full Gear」。 メインイベントとして行われたケニー・オメガとハングマン・ペイジによるAEW世界王座決定戦を制したのは挑戦者のペイジでした。 レスリング・オブザーバーのデ...
【AEW】ブライアン・ダニエルソンの他団体参戦にちょっとした制限があると報じられる
WWE時代から他団体への参戦を希望していたブライアン・ダニエルソン。AEW移籍にあたって、彼はインディ団体からのオファーを受けることができる契約を結びました。 しかし、それにはちょっとした制限があるようです。 レスリング...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました