スポンサーリンク

【AEW】ハングマン・ペイジが語る「社交不安障害から救ってくれたプロレス」

ニュース

4代目AEW世界王座チャンピオンのハングマン・ペイジ。初の防衛戦となった先日のブライアン・ダニエルソン戦はファンから極めて高い評価を得ています。

【AEW】ハングマン・ペイジとブライアン・ダニエルソンの抗争は今後も続く?トニー・カーン社長「ブライアンはまだナンバーワン・コンテンダー」
先日のDynamiteでは、ハングマン・ペイジとブライアン・ダニエルソンによる60分時間切れドローのとんでもない死闘が繰り広げられました。 ペイジにとっては初めてのAEW世界王座の防衛戦となったこの試合は、序盤から明らかに長期...

今でこそ立派に団体最高峰のベルトを腰に巻くチャンピオンのペイジですが、かつては社交不安障害と戦う日々が続いていたそうです。

人前でなにかをする、初対面の人に会うといった社会的(社交的)行為をしなければならない状況に自分がおかれた時、「緊張したり」、「不安を感じたり」することは、誰にでもあることですが、その緊張や不安の程度が強い(病的不安)ために、それらの状況を「避ける」ようになり、その結果、日常の生活や仕事に支障が現れたりする病気が「社交不安障害」です。
以前は「対人恐怖症」「社会恐怖」とも言われましたが「赤面恐怖」「視線恐怖」なども含まれます。

引用:原村メンタルクリニック

ルネ・パケットのPodcast番組「Oral Sessions」にゲスト出演した際、彼は次のように語っています。

中学生か高校生の頃、俺は本当に、マジでヤバい社交不安障害持ちだったんだ。投薬が必要だと診断されたくらいだよ。テスト中に机に向かっていたら全身が真っ赤になってしまったことを覚えてる。汗だくになってね。そうすると、「これは俺の身体に起きていることなんだ」と気付いて、気付いちゃったことでさらに10倍ひどいことになったりしたよ。涙が出始めたりね。高校生の頃は不安感がすごかったんだ。

そこからある程度抜け出すことができたのはプロレスのおかげだと思ってる。俺は別に自尊心が低いわけじゃないんだ。プロレスにはいつも情熱を傾けることができたし、プロレスをしていると心地よく、これがやりたいことなんだと思えてさ。試合ができるようになると、20人、200人、2,000人、20,000人と増えていく観客に囲まれながらある程度の成功を収めることができるようになった。そうすることで自分自身にも余裕ができるようになったんだよ。プロレスが俺を助けてくれた。

【AEW】ハングマン・ペイジが2019年のAEW世界王座挑戦を振り返る。「あまりにも早すぎた」
2019年に旗揚げしたAEW。AEW世界王座の初代チャンピオンを決める試合の対戦カードは、クリス・ジェリコ VS ハングマン・ペイジでした。 旗揚げ興行「Double or Nothing」でケニー・オメガを破ったジェリコ、の...

411MANIA

あわせて読みたい

ブライアン・ダニエルソンが「レッスルマニア35でのコフィ・キングストン戦とAEWでのケニー・オメガ戦が純粋に楽しかった理由」を語る
プロレス界のビッグスター、ブライアン・ダニエルソン。2021年9月にAEWへ入団した後、名勝負を量産して「ブライアンここにあり」を日々証明し続けています。 これまでのキャリアの中でファンの印象に強く残る試合をいくつも残してきた...
【AEW】サミー・ゲバラが恋人との破局を発表し、なぜかタイ・コンティが炎上 & Twitterアカウント削除
今日、サミー・ゲバラが恋人のパムと破局したことをSNSで明かしました。 2人は8年間交際しており、2021年8月にはゲバラがDynamiteの放送中にプロポーズしたこともありました。この不幸な話題は、なぜか女性レスラーのタイ・...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました