スポンサーリンク

ブライアン・ダニエルソンが「レッスルマニア35でのコフィ・キングストン戦とAEWでのケニー・オメガ戦が純粋に楽しかった理由」を語る

ニュース

プロレス界のビッグスター、ブライアン・ダニエルソン。2021年9月にAEWへ入団した後、名勝負を量産して「ブライアンここにあり」を日々証明し続けています。

これまでのキャリアの中でファンの印象に強く残る試合をいくつも残してきたブライアンですが、2019年のレッスルマニア35でのコフィ・キングストン戦(WWE王座決定戦、キングストンが勝利して同タイトル初戴冠)とAEW移籍後のケニー・オメガ戦(AEWのニューヨーク初進出となったDynamiteでの30分時間切れドロー)は「純粋に楽しかった」そうです。

インタビューの中で、レッスルマニア30(第1試合でHHHに勝利してWWE世界ヘビー級王座への挑戦権を獲得、メインイベントでバティスタ & ランディ・オートンとのトリプル・スレット・マッチを制してタイトル獲得)を引き合いに出しつつ、彼は次のように語っています。

レッスルマニア35でコフィ・キングストンに負けてしまった試合なんかは純粋に楽しかったね。その前の年に現役復帰の許可が出たばかりだったし、色々と楽しんだよ。俺とレッスルマニアといえばレッスルマニア30を連想する人が多いと思うけど、あの時は首と肩の痛みが酷くてね。ほとんど眠れなかったし、父が亡くなったり、その6日後にブリーと結婚したり、けっこう大変な状況で。いろんな浮き沈みがあったから、奇妙な感じなんだよね。

今振り返るとおかしいんだけど、レッスルマニア30でタイトルを取ったばかりで疲れ果てていたんだけど、気分は最高だった。ベルトを掲げていると、カメラマンが「Yes!をキープしろ、Yes!だ」と言い続けてきて、腕を上げるのもやっとの状態で2つのベルトを掲げていたよ。

ケニー・オメガとの試合も純粋に楽しかったな。信じられないような瞬間を感じ、経験することができた。特に引退状態から復帰した後はプロレスをもっと楽しめるようになったね。大人になったんだ。ここ数年は試合をする度に神の加護を受けているような感じがする。いつプロレスができなくなるかわからないから、その瞬間をより楽しむようになったよ。

(Cultaholic)

【AEW】ブライアン・ダニエルソンがハングマン・ペイジを語る。「現代のスティーブ・オースチンだ」
Dynamiteの最新回は特別回「Winter is Coming」でした。 第1試合として行われたハングマン・ペイジ(c)とブライアン・ダニエルソンによるAEW世界王座のタイトルマッチは壮絶な死闘となり、60分時間切れドロー...
ブライアン・ダニエルソンが「WWEのAEWへの過剰反応」を語る。「全員と再契約しなきゃ、と思ってしまった」
2019年にAEWが設立された後、人材流出を恐れたWWEは契約切れが近づいていた所属選手たちに対して高額での再契約オファーを出しました。 その時に再契約した選手の中には、新型コロナウイルスのパンデミックが起きた後のWWEが推し...

あわせて読みたい

【AEW】ジム・ロスがMJFを絶賛。「ヤング・ポール・ヘイマンだ」
AEWの若手スターMJF。 CMパンク相手に互角に渡り合えるプロモスキル、リング内外で観客のリアクションを引き出すエンタメ性の高さは25歳とは思えないほど。業界内の評判は上々です。 WWEで長年に...
【WWE】サミ・ゼインが再契約に合意した…かも?と報じられる
先日、WWEの人気スーパースター、ケビン・オーエンズが団体との再契約に合意したと報じられました。年俸は2〜3億程度で、2025年1月までの複数年契約だったとされています。 彼の盟友であるサミ・ゼインは2022年の春にW...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました