スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長が父にして団体オーナーの大富豪シャヒドを語る。「楽しんでいるのを見ると嬉しい」

未分類

AEWのバックについているのは世界的大富豪のカーン一族。父シャヒドはオーナー、その息子トニーは社長を務めています。

イギリスのサッカークラブ「フラムFC」やNFLの「ジャクソンビル・ジャガーズ」の共同オーナーを務めるシャヒドは、スポーツビジネスに精通したプロフェッショナルです。

トニーによれば、そんな父はAEWの会場を訪れることもあり、ショーを楽しんでいるのだとか。

父は会場に来るのが好きなんだ。俺にとってはいろんな意味があることだよね。父がショーを楽しみ、それがどのように行われたかをどれほど誇りに思っているかを見ると、俺はとても嬉しい。

父が来る時は俺も少しだけ楽しませてもらってるよ。とはいえ、バックステージでは大忙しだし、フォーマットを変更したりとか、アイデアを思いつくこともある。だから、あんまりゆっくりすることはできないんだけど、とても楽しいんだ。

元々、シャヒドはプロレスビジネスに否定的でした。そんな父の考えを変え、団体を成功に導くことは、息子にとってこの上ない幸せなのでしょう。

【AEW】オーナーのシャヒド・カーンは、AEWがうまくいくとは考えていなかった?
2019年に旗揚げしたAEWは、大富豪シャヒド・カーンがオーナーを、その息子トニーが社長を務めています。 ルネ・パケットのPodcast番組に出演したカーンは、The Eliteメンバーとトニーが団体設立の構想を練っていた20...

Cultaholic

あわせて読みたい

DDPが2019年にジョン・モリソンへAEW入団を提案していたことを明かす
2019年に約8年ぶりにWWEへ復帰したジョン・モリソン。2021年11月に人件費削減のために解雇されました。 インパクト・レスリングとの契約が切れた後の決断は「古巣」でしたが、彼と親しいレジェンドレスラーのダイヤモンド・ダラ...
【AEW】アンソニー・オゴゴがジョナサン・グレシャムをミゼットレスラーのホーンスワグルと関連付けて挑発し、バックステージでひんしゅくを買う
ロンドンオリンピックのボクシング・ミドル級銅メダリスト(金メダリストは村田諒太)で、2019年からAEWに参戦中のアンソニー・オゴゴ。 Fightfulによれば、彼はAEWのバックステージでヒートを買っているそうです。その理由...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました