スポンサーリンク

WWE所属選手たちの士気が「数十年に一度の低さ」にまで下がっていると報じられる。団体の方向性に不満?

ニュース

先日開催されたPPV「Royal Rumble」はファンからの評価が芳しくありませんでした。男子ロイヤル・ランブル・マッチを巡っては、プロデューサーを務めたシェイン・マクマホンが悪い意味で暴走していたと報じられています。

【AEW】WWE関係者がトニー・カーン社長に対し「シェイン・マクマホン警報」を発令
なんか変なタイトルになってしまいました…。 マクマホン・ファミリーが切り盛りするWWEから退団したシェイン・マクマホン。一部のファンは「彼はAEWに行くのではないか」と噂しています。 シェインはWWEのPPV「Royal...

Fightfulによれば、現在のロースターの士気は非常に低く、「数十年に一度」というレベルの状態になっているとのこと。団体の方向性に落胆、失望、不満を持っている選手が多いようです。

Royal Rumbleでのロイヤル・ランブル・マッチは、男女ともに試合開催までの間にプランが何度も変更されたそうで、現場は苛立っていたとされています。選手たちはストーリー性の欠如にも不満を持っているようです。ある選手の話では、ファンが感じている不満は選手たちも同様に不満に思っているとのこと。

また、これは別に新しい話題でもありませんが、団体最高責任者のビンス・マクマホンは、現場の人々がビンスに話そうとしても無視されるか急かされ、意見をあまり聞かないそうです。現場の意見とは真逆の決定が下されることもある環境において、意見を聞いてくれない上司の元で働くのは大変そうです。

2021年の収益が過去最高を記録したWWE。それでも現場の士気が低いのは、どこかに歪みが生じていることの現れなのかもしれません。

【WWE】ニック・カーン社長が「団体売却の誘いがあること」を認める。ビンス & ニックの考えは
2021年に大規模な経費削減を敢行したWWE。多くの選手やスタッフが解雇されたほか、WWE JAPANも解散しました。 こうした動きを受け、一部では「身売りするのでは」という噂も。 WWE社長のニック・カ...
【WWE】ニック・カーン社長が相次ぐロースターの解雇にコメント。「常に次のことを考えている」
2021年のWWEでは多くのロースターが解雇されています。 ブレイ・ワイアットやブラウン・ストローマンのような人気者も解雇されるようになった状況に対し、WWEで長年活躍している選手の中にも不安が広がっているとされていま...
【WWE】ウィリアム・リーガルの解雇が団体内に動揺を与えていると報じられる
タレント・スカウト部門のトップを務めていたウィリアム・リーガル卿。NXTでGMとして活躍する姿も記憶に新しい彼ですが、年始早々リストラにあい、解雇されてしまいました。 この一件は、団体に大きな影響を与えたようで...

(Fightful, Cultaholic)

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました