スポンサーリンク

【WWE】ニック・カーン社長が相次ぐロースターの解雇にコメント。「常に次のことを考えている」

ニュース

2021年のWWEでは多くのロースターが解雇されています。

【WWE】ブレイ・ワイアット解雇の背景にあった「社長とCFOの執着」とは
今日、WWEはブレイ・ワイアットを解雇しました。 PWInsiderは、この件の背景を報じています。 まず、ワイアットに解雇を伝えたのはタレント・リレーション部門の責任者を務めるジョニー・エースで、「シンプルに予...

ブレイ・ワイアットやブラウン・ストローマンのような人気者も解雇されるようになった状況に対し、WWEで長年活躍している選手の中にも不安が広がっているとされています。特に、今後大きな変化が起きていくNXTのロースターは大変です。

【WWE】ブレイ・ワイアット解雇により、選手・スタッフたちの間で不安が広がっていると報じられる
2020年以降、WWEは所属選手を解雇する機会が増えています。その対象は様々で、カート・アングルのようなレジェンドもいれば、ルセフやアンドラーデ、The Revivalのような団体に不満を持っていた選手たち、ブラウン・ストローマンのような「...
【WWE】ニック・カーン社長がNXTの刷新を宣言。「HHHが主導する」
現地時間8月6日に12名のNXTロースターが解雇された頃から、NXTに大きな変化が訪れることが噂されるようになりました。報道では、今後は「若手育成・体格重視」に路線変更するとされています。 BT Sportのインタビューに応じ...

経費削減の指揮を執るニック・カーン社長は、BT Sportの取材に対し、相次ぐロースターの解雇についてコメントしています。

理由は1つではないと思う。私が考える最終的な判断基準は、「この選手は今、あるいは近い将来に何らかの変化を起こしてくれるかどうか」ということじゃないかな?ところで、WWEは2日間に渡ってラスベガスでトライアウトを開催した。HHH、ジョニー・エース、ブルース・プリチャードも我々と同じように腰を据えて参加していたな。そこで12人の選手と契約したわけだが、「ああ、だから我々は他の選手たちをカットしたんだ」とまでは言わないまでも、WWEは常に次のことを考えているんだよ。

我々が生きているのは現在であり、未来だ。過去ではない。だから、団体から去った選手たちが自分の人生やキャリアを前に進めることは、我々にとっていいことなんだよ。WWEにとって重要なことは、その時その瞬間に我々のプロダクトにとって何が有効なのかということと、将来的に有効になるものは何なのかということ。現在のロースターの大部分はこの考えに基づいているんだ。

ドライですが、常に利益を追求するという点ではビジネスマンのあるべき姿なのかもしれません。別の話かもしれませんが、シカゴで1万人のファンが狂喜乱舞した団体があるならこっちは5万人の観客の前でベッキー・リンチとブロック・レスナーを復帰させるぞ、という采配は凄まじかった…。これがニックの指示によるものなのかはわかりませんが、SummerSlamではWWEの本気を見ました。

(SESCOOPS)

あわせて読みたい

【WWE】復帰戦に敗れたジョン・シナの今後はどうなる?
SummerSlamで久々に試合復帰し、ローマン・レインズに敗れたジョン・シナ。試合後はブロック・レスナーにボコられるという散々な一日になりました。 ハリウッドで俳優として活躍しているシナ。映像作品に参加すると長期間の...
【WWE】電撃復帰のベッキー・リンチはヒールターンへ。抗争相手はもちろん
現地時間8月21日開催のPPV「SummerSlam」で電撃復帰を果たし、SmackDown女子王座チャンピオンのビアンカ・ブレアを秒殺してタイトルを奪取したベッキー・リンチ。 サーシャ・バンクスが試合に出場できなくなり、悲し...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました