スポンサーリンク

【WWE】ニック・カーン社長が「団体売却の誘いがあること」を認める。ビンス & ニックの考えは

ニュース

2021年に大規模な経費削減を敢行したWWE。多くの選手やスタッフが解雇されたほか、WWE JAPANも解散しました。

こうした動きを受け、一部では「身売りするのでは」という噂も。

【WWE】立て続けの大量解雇、投資家たちはどう考えているのか?
ここ最近、WWEは人員削減に熱心です。高額年俸を受け取っている選手だけではなく、スタッフたちに対してもリストラを宣告しています。 こうした動きから、「WWEは身売りするのでは?」という憶測が飛び交いました。ビン...
【WWE】ニック・カーン社長が団体売却の可能性とビンス・マクマホンの今後に言及。「ビジネスにはオープンだが…」
2021年のWWEは経費削減に積極的な姿勢を見せています。選手やスタッフを整理し、少しでも赤字になることを避けているのです。 新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから現在に至るまで、WWEからリリースされた選手は1...

WWE社長のニック・カーンは、実際に団体売却の誘いがあることを認めた上で、売却を考えていないことを明かしました。

昔は家族企業だったかもしれないけど、今のビンス(・マクマホン)はそんなことを思ってない。そのような扱いを受けないようにするために、彼は外部から人材を招き入れたんだと俺は思ってるよ。我々は、自分たちをグローバルなコンテンツを扱う企業だと考えている。

リストラに積極的な姿勢を打ち出す一方で、ビンスとニックは優秀な人材を外部企業から獲得してきました。DAZN、CAA、Fox、ESPN、HBO、Showtimeといったメディアからの採用を進めた結果、WWEのメディア戦略の変化を示す動きが相次ぎました。

【WWE】ビンス・マクマホンによる「サードパーティ利用禁止令」により、選手たちが困惑していると報じられる
Wrestling Incは、ビンス・マクマホンが選手たちに対してサードパーティの利用禁止を命じ、10月2日までに中止しなければ厳しい措置を取ると通達したと報じました。「サードパーティ」にはTwitchやYoutubeチャンネルが含まれるも...
アメリカの動画配信サービス「Peaccock」、独占配信されているWWE Network目当ての加入者が150万人超え
201年1月、WWEとNBCが大型契約を結び、アメリカではNBC系の動画配信サービス「Peacock」でWWE Networkのコンテンツが独占配信されることになりました。 コンテンツの以降が始まった2021年3月時点でWWE...
WWEが2021年をもって北米でのDVD & Blu-rayの新作発売を終了すると報じられる
プロレスはテレビやDVDで見るもの、という時代は終わりつつあります。大手プロレス団体が独自の配信サービスを用意して定額制でイベントの配信を実施するケースが増え、イベント開催後の収益をDVD販売で賄おうという団体は少なくなっている印象です。 ...

こうした動きを見ても、WWEがすぐに身売りすることはないでしょう。

Sports Business Journal

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました