スポンサーリンク

【WWE】ウィリアム・リーガルの解雇が団体内に動揺を与えていると報じられる

ニュース

タレント・スカウト部門のトップを務めていたウィリアム・リーガル卿。NXTでGMとして活躍する姿も記憶に新しい彼ですが、年始早々リストラにあい、解雇されてしまいました。

【WWE】ウィリアム・リーガルらNXTの重要人物たちが解雇される
2022年も大規模な解雇劇が起こるのでしょうか。 今日、WWEは複数のレスラーやスタッフを解雇しました。その中には、タレント・スカウト部門のトップを務め、NXTのGMとしてもお馴染みウィリアム・リーガル卿や、プロデューサーのロ...
【WWE】サモア・ジョー解雇は「ウィリアム・リーガルが解雇されるならあり得る」と噂されていたと報じられる
昨日、WWEは、タレント・スカウト部門のトップやNXTのGMとしておなじみの名レスラー、ウィリアム・リーガル卿を解雇しました。それに続いて、今日はサモア・ジョーが解雇されています。 今週はHHH時代のNXTを支...

この一件は、団体に大きな影響を与えたようです。

PWInsiderによれば、団体内の「普段は他者のことで感情を揺さぶられない人」でさえ、リーガル卿の解雇には衝撃を受け、気が動転してしまっているとのこと。本社のスタッフたちも困惑し、悲しみ、判断への不満を感じていたそうです。

また、リーガルのような功労者でさえ解雇されてしまうのなら、自分たちがこの団体で長期的なキャリアを歩んでいく望みはあるのか?という不安をスタッフや選手たちに与えることにもなってしまっているとのこと。以前、ブレイ・ワイアットが解雇された時も同じような考えを持つベテラン選手たちがいたと報じられています。

【WWE】ブレイ・ワイアット解雇により、選手・スタッフたちの間で不安が広がっていると報じられる
2020年以降、WWEは所属選手を解雇する機会が増えています。その対象は様々で、カート・アングルのようなレジェンドもいれば、ルセフやアンドラーデ、The Revivalのような団体に不満を持っていた選手たち、ブラウン・ストローマンのような「...

2020年にニック・カーンが社長に就任してから、団体は少しでも赤字を出さないことに執念を見せるようになったとされています。2021年は選手のみならずスタッフたちまで大量解雇の対象になりました。「明日は我が身」。みんながのびのびと働ける環境ではないように思えてなりません。

また、HHHのことも心配になってしまいます。この1週間で解雇されたスタッフの中には、HHH時代のNXTを支えた重要人物たちが多く含まれていました。PWInsiderのマイク・ジョンソンは、「昨日の出来事を見て、HHHが団体内で大きな力を失ったと思わないわけにはいかない」と指摘しています。彼は権力闘争に巻き込まれており、AEWとのウェンズデー・ナイト・ウォーズにNXTが敗れたことで、彼を嫌う人たち、彼に取って代わろうとする人たちが動きやすい状況になったとされています。

【WWE】NXTのロースター解雇と、HHHをめぐる「有害な権力闘争」
先日、WWEはNXT所属選手12人を解雇しました。 NXTを仕切っているのはHHHですが、彼は選手たちの解雇に関与していなかったと報じられていました。解雇対象者の決定に携わったのは、ビンス・マクマホン、ブルース・プリチ...

PWInsider

あわせて読みたい

【WWE】トレーナー職を辞したスコッティ・2・ホッティがその理由を語る。「選手たちが去っていくのは大きなダメージになった」
2021年11月、WWEでトレーナーとして働いていたスコッティ・2・ホッティが退団を要求し、認められました。団体でレスラーとしても活躍していた彼が2016年から続けていた職を辞するに至った背景は何だったのでしょうか? Cult...
【新日本プロレス】柴田勝頼のプロレスマッチが行われることは団体内でもまったく知られていなかったと報じられる
レッスルキングダム16で成田蓮を相手にプロレスマッチを行った柴田勝頼。 2017年以来の東京ドームではキャッチレスリングルールの試合をすると発表されていましたが、リングに上がった柴田がプロレスルールへの変更を要求。成田...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました