スポンサーリンク

【AEW】WWE関係者がトニー・カーン社長に対し「シェイン・マクマホン警報」を発令

ニュース

なんか変なタイトルになってしまいました…。

マクマホン・ファミリーが切り盛りするWWEから退団したシェイン・マクマホン。一部のファンは「彼はAEWに行くのではないか」と噂しています。

シェインはWWEのPPV「Royal Rumble」での男子ロイヤル・ランブル・マッチのプロデューサーを担当。ストーリーの流れに無知だったり、ビンスの意見に賛成するスタッフたちへ反発したり、もともと評価されていなかったプロデュース能力が悪い方向に爆発したり……という状態だったらしく、試合はファンからも現場からも不評でした。

【WWE】シェイン・マクマホンが団体を去る。一部では将来的な復帰に期待の声も
団体最高責任者ビンス・マクマホンの息子、シェイン・マクマホン。 選手やGMなど、さまざまな形で活躍してきた彼ですが、レスリング・オブザーバーによれば、彼は団体から去ったそうです。契約が打ち切られたのか、レッスルマニアへの出場プ...

この試合が原因で父ビンスとの関係が限界を迎えたとも報じられているシェイン。彼がAEWに登場するようなことがあればとんでもないニュースになりそうですが、警戒したほうがいい人物かもしれません。

PW Torchのウェド・ケラーによれば、WWE関係者は「誰かがAEWトニー・カーン社長へ『シェインには気をつけたほうがいい』と警告する必要がある」と考えているようです。

WWE関係者が俺に教えてくれたんだ。「シェインを連れてきたらどうなるか、トニー・カーンに警告する必要がある」と。権利への意識が問題だ。エゴという言葉が正しいのかどうかわからないが、WWE以外の団体に彼がやってきたら、Royal Rumbleでの行動がさらに増幅されるだろう。制御不能だったんだよ。

シェインはプロレス界じゃないと食べていけないわけではありません。電気自動車会社の会長として多忙な日々を送ることになるでしょう。AEWにとっても、「シェイン参戦」という話題と引き換えにこうしたリスクを取るべきかどうかと言われると、どうなんでしょうね。

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

クリスチャンがAEW移籍からの1年間を振り返る。「キャリアの残りはここがホーム」
2021年のWWE「Royal Rumble」で電撃復帰を果たした後、AEWへ移籍したクリスチャン。 プロレス界随一のプロレス脳を持つ彼がAEWにやってきてから1年が経ちました。この1年間、そして今後のキャリアについて、彼は感...
【AEW】過去の陰謀論ブチ上げ動画が原因で出場取り消しのブライアン・ケンドリックが声明を発表。「後悔を一生背負っていく」
Dynamite最新回でジョン・モクスリーとシングルマッチを行う予定だったものの、さまざまな陰謀論について言及した過去の動画が原因で出場取り消しとなったブライアン・ケンドリック。 イルミナティ、ロックフェラー、ロスチャ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました