スポンサーリンク

ビンス・マクマホンは現在のWWEのプロダクトを「何も間違っていない」と考えている

ニュース

業界最大手のWWEは常に賛否両論の的になっています。規模が巨大なため、どこを眺めても良い部分と悪い部分が見つかるような団体です。

WWEへの批判は多種多様ですが、最高責任者ビンス・マクマホンはブレません。PWInsiderによれば、ビンスは現在のWWEのプロダクトを「何も間違っていない」と考えているようです。

2021年度の収益は過去最高を更新し、団体はとにかく潤っています。ビンスには、さまざまな批判を打ち返す理由が山のようにある、と報じられています。だからこそ、各番組は現在の形で放送されているし、強いビジョンを打ち出し続けている…ということですね。

動画配信サービスPeacockとの巨額の契約、番組に観客が戻ってきたことなどの要因が良い方向に働き、ビジネスは好調です。今後も団体は成長を続けるでしょう。選手たちの士気はかなり低いとされていますが…。

WWE所属選手たちの士気が「数十年に一度の低さ」にまで下がっていると報じられる。団体の方向性に不満?
先日開催されたPPV「Royal Rumble」はファンからの評価が芳しくありませんでした。男子ロイヤル・ランブル・マッチを巡っては、プロデューサーを務めたシェイン・マクマホンが悪い意味で暴走していたと報じられています。 ...
【WWE】男子ロイヤル・ランブル・マッチ情報。シェイン・マクマホンが望んだエンディング、欠場したセザーロのコメント
PPV「Royal Rumble」はいろんな意味で話題になったイベントでした。 特に、イベントの目玉だったロイヤル・ランブル・マッチは悪い意味で話題性十分。プランが何度も何度も変更されたこと、男子戦のプロデューサーを務めたシェ...
【AEW】マット・ハーディーが語る「AEWがビンス・マクマホンに与えた影響の大きさ」
WWEの1月のPPV「Royal Rumble」では、インパクト・レスリングからミッキー・ジェームスが女子ロイヤル・ランブル・マッチに参戦します。他団体からWWEのPPVにレスラーが参戦するのは異例のことです。 AEW...

(PWInsider, Wrestling Inc)

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました