スポンサーリンク

現在のWWEで最も稼いでいる選手は一体誰なのか?

ニュース

業界最大手のWWEは、選手たちとも高額年俸での契約を結んでいます。トップ層の年俸は日本円にして1億円を超えています。

先日、AJスタイルズが新たな契約を結んで残留することが報じられました。今後の年俸は300万ドルをはるかに超える規模になるとされています。しかし、それでもWWE最大の高給取りとはならないようです。

レスリング・オブザーバーによれば、現在のWWEで最も年俸が高いのは、ブロック・レスナー、ローマン・レインズ、ロンダ・ラウジー、ランディ・オートンの4人。ラウジーとオートンの金額は定かではありませんが、レスナーとレインズは年俸500万ドルを超えているそうです。

この4人の次に来るのが、エッジ、ミズ、ゴールドバーグ。AJはこの層に加わると見られています。また、2021年末に残留を決めたケビン・オーエンズの年俸は200〜300万ドルとのこと。トップ10に入るかもしれませんね。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】セザーロ退団の経緯が明らかに。彼は退団を望んでいなかったが…
昨日、WWEとの契約を満了し、退団したことが報じられたセザーロ。 レスリング・オブザーバーは、彼の退団の経緯を報じています。 まず、両者は残留に向けた交渉をしていました。少なくともセザーロ側は退団を望んでおらず、WWE側...
【AEW】退団が有力視されていたブライアン・ケイジが契約のオプション行使に合意して残留すると報じられる
インパクト・レスリングを退団後、2020年にAEWへ入団したブライアン・ケイジ。 入団当初は出番が多かったものの、最近は試合への出場機会が激減。AEWでの最後の試合は2021年10月で、契約満了と同時に退団することが有力視され...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました