スポンサーリンク

【WWE】セザーロ退団の経緯が明らかに。彼は退団を望んでいなかったが…

ニュース

昨日、WWEとの契約を満了し、退団したことが報じられたセザーロ。

レスリング・オブザーバーは、彼の退団の経緯を報じています。

まず、両者は残留に向けた交渉をしていました。少なくともセザーロ側は退団を望んでおらず、WWE側のオファーが彼の希望に達していなかったようです。ここ最近、WWEはケビン・オーエンズ、サミ・ゼイン、AJスタイルズらとの再契約に成功しましたが、セザーロへのオファーは彼らレベルのものではなかったのでしょう。

また、セザーロとWWEが残留交渉を行っている間、AEWから彼への接触はなかったとのこと。

Fightfulは、セザーロがWWEでの活動において感じていた苦悩を報じています。起用法や活躍の機会について、彼は誰もが納得するレベルの失望を抱えていたとのこと。彼のファンと同じような事を考えていたのでしょう。

誰もが彼の才能を認めていますが、WWEではその才能に見合った活躍の機会が与えられたとは言えません。それは、彼の素質とWWEという団体の特徴がミスマッチだったとも言えるでしょう。今はWWE以外の団体でも大金を稼ぐことのできる時代ですし、彼の今後の活動も応援したいです。

(Wrestling Observer, Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガが「引退後の将来」について言及。「いつもその事を考えている」
プロレスという激しいエンターテイメントにおいて、生涯パフォーマーとして活動できる人は稀です。多くのレスラーは引退の道を選び、第二の人生を歩みます。 AEWのトップレスラー、ケニー・オメガも同様です。激しいアスリート・プロレスに...
【AEW】退団が有力視されていたブライアン・ケイジが契約のオプション行使に合意して残留すると報じられる
インパクト・レスリングを退団後、2020年にAEWへ入団したブライアン・ケイジ。 入団当初は出番が多かったものの、最近は試合への出場機会が激減。AEWでの最後の試合は2021年10月で、契約満了と同時に退団することが有力視され...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました