スポンサーリンク

【AEW】スコーピオ・スカイのTNT王座獲得は2021年から計画されていたと報じられる

ニュース

先日放送されたDynamiteでサミー・ゲバラの持つTNT王座に挑戦し、見事勝利。9代目チャンピオンとなったスコーピオ・スカイ。

3度目の挑戦でようやくタイトルを手にすることができたスカイ。彼のタイトル戴冠はいつから計画されていたのでしょうか。

Fightfulによれば、彼に関する計画は2021年下半期からあったとのこと。当初の予定では、5代目王者ミロがサミー・ゲバラに破れ、ゲバラがCodyに王座を明け渡した後、スカイがチャンピオンになることが想定されていたそうです。

実際にはCodyの後で再びゲバラがチャンピオンとなりましたが、この計画変更は、Codyが1月の「Battle of the Belts」に出場できなかったことで、彼のタイトルランの計画に遅れが出たことも影響しているかもしれません。

AEWはスカイを高く評価しており、両者は2021年10月に5年契約に合意しています。かつて新日本プロレスのLA道場にも関与していた彼はバックステージでも貢献できるタイプの人材ですし、これからも重宝していくことになりそうです。

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】ビッグEが首を骨折
人気WWEスーパースターが大変な怪我をしてしまいました。 SmackDownの最新回で、ビッグEはコフィ・キングストンとタッグを組んでシェイマス & リッジ・ホランド組と対戦。試合中、場外でベリー・トゥ・ベリー・スープ...
CodyとWWEの交渉が停滞しているのは「WWEの焦りを有効活用したい」というCody側の狙い?
古巣WWEへの復帰が有力視されているCody。 現在、両者の交渉は停滞しているとされています。WWEは彼をレッスルマニア38に出場させたいと考えていますが、契約をなるべく早く成立させなければ準備の時間を取ることができません。現...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました