スポンサーリンク

リンセ・ドラドが「セザーロにはAEWではなく新日本プロレスに行ってほしい」と思う理由とは?

インタビュー

2022年2月にWWEから退団したセザーロ。

彼のプロレスを高く評価するファンは多いものの、WWEでは彼の才能に見合ったチャンスがなかなか与えられませんでした。名レスラーだからといってスターになれるわけではない、というWWEの難しさを体現するような存在だったように思います。

WWEから退団した彼はどこへ行くのか?大方の予想はAEW入団で、トニー・カーンAEW社長もセザーロを歓迎するコメントを出しています。

しかし、WWEで彼の同僚だったリンセ・ドラドは、「AEWではなく、新日本プロレスやインパクト・レスリングに行ってほしい」と考えているようです。

ルネ・パケットのPodcast番組にゲスト出演した彼は次のように語りました。

彼はどこに行っても活躍できる。「WWEでは活躍できなかったじゃないか」という奴も必ず出てくるけど、結局のところ、どうでもいいことだ。彼がどう感じるかがすべてだよ。退団は彼のためになることだと俺は思うし。これから何をするにしても、彼はきっと満足するだろう。

どんな団体であれ、彼から利益を得ることができるよ。試合に出るにせよ、コーチをするにせよ、ね。プロレスを110%理解してる男だから。でも、俺だったら、彼が新日本プロレスかインパクト・レスリングで活躍する姿を見たいかな。なぜかというと、彼にとってはAEWもWWEも変わらないと俺は思ってるから。環境は違うけど、彼にとってもAEWにとってもメリットはないんじゃないかな。

そういう考え方もあるんだ、という感じです。AEWではできることの幅が広がるでしょうし、WWE時代よりもスポットライトを浴びる機会も多くなるはず。リック・フレアーはAEWでのマネジメントを希望しています。

リック・フレアーがセザーロ(クラウディオ・カスタニョーリ)のマネジメントに興味を示す。「ぜひやりたい。とてもホットな存在になるよ」
プロレス界にレジェンドはたくさんいますが、リック・フレアーはその中でも抜きん出た存在です。現在でも「史上最高のプロレスラー」の候補に名前が上がる彼が残してきた功績はいつになっても色褪せません。 テレビ番組で「過去の疑惑」が取り...

しかし、適性を考えれば新日本にはピッタリの存在ですし、G1で大喝采を浴びる姿を容易に想像できます。セザーロの決断はどうなるでしょうか?

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】スティングが語る若手レスラーへのアドバイス。「発言はよく考えてからしろ、質問は思いつたらすぐにしろ」
還暦を超えた今もAEWの人気レスラーとして活躍しているスティング。若手顔負けなハードなムーブはファンを熱狂させています。 経験豊富な大ベテランは、AEWの若手レスラーたちにとってはお手本のような存在です。彼が率先して会場で激し...
AEWの副社長のうち、少なくとも1人は「CodyがWWEに行くことを確信していた」と報じられる
WWEとの交渉が停滞中とされるCody。2016年以来の古巣復帰は確実視されていますが、両者の思惑が停滞の原因になっているようです。 AEWのトニー・カーン社長がROHを買収したことにより、CodyのAEWとの再契約も...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました