スポンサーリンク

エリック・ビショフ「AEWはストーリーテリングの基本を理解していない」

インタビュー

WCWを率いてWWEとのテレビ戦争「マンデー・ナイト・ウォーズ」を演じたエリック・ビショフ。現在は自身のPodcast番組でさまざまな意見を発信しています。

彼の意見は賛否を巻き起こすこともしばしば。Podcastの最新回では、AEWのストーリーテリングを取り上げて批判しました。

WWEの対となる存在だと見られることも多いAEWですが、決してストーリーテリングに弱みがある団体ではありません。ハングマン・ペイジのAEW王座獲得までの道のりは虚実入り乱れた素晴らしいストーリーでしたし、MJFとCMパンクの抗争もお見事でした。しかし、それでもビショフはAEWに批判的です。

彼の言い分を聞いてみましょう。

WWEにしろAEWにしろ、ストーリーへのこだわりが一番大事だと俺は最初から言い続けてきた。AEWは俺の主張を証明してくれているよ。あの団体の視聴率は停滞しているじゃないか。それがなによりの証明だ。

(トニー・カーン社長は)ロースターを自由に編成できるかもしれないが、1〜2週間の盛り上がりじゃ意味がない。観客が「来週も見たい」と思うような魅力的なストーリーがないとダメだよ。

スポーティでとても素晴らしい試合があるのは良いことだし、それがストーリーの穴埋めをしてくれるならそれでもいい。完璧だよな。でも、みんなが注目し、話題にし、共感し、毎週見たいと思うストーリーを構築できていないのなら、俺は関心を持てないね。

WWE出身のレスラーをAEWに連れてきても何も起こらない。ストーリーが何よりも大事なんだ。ストーリーテリングの基本を理解する必要があるわけだけど、AEWは理解してないよ。WWEとの違いはそこにある。

元WWE組の扱いがどれも素晴らしいというわけではない、とは思います。しかし、基本が理解できていないというわけではないような…。

AEW副社長のケニー・オメガはアスリート・プロレスの代表格ですが、彼はストーリーテラーであることに自覚的で、そこを強く意識していることを公言しています。ストーリーテリングにもいろんな形がある、ということじゃないかなー。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

キラー・クロス(カリオン・クロス)が新日本プロレスに参戦。ダラス大会に参加
WWEでいろんなことがあったキラー・クロス(カリオン・クロス)。いい思い出も悪い思い出も、これからのキャリアにおいて決して無駄ではない…とポジティブに考えていてほしいです。 彼がWWEに入団したのは2020年2月。その...
リンセ・ドラドが「セザーロにはAEWではなく新日本プロレスに行ってほしい」と思う理由とは?
2022年2月にWWEから退団したセザーロ。 彼のプロレスを高く評価するファンは多いものの、WWEでは彼の才能に見合ったチャンスがなかなか与えられませんでした。名レスラーだからといってスターになれるわけではない、というWWEの...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました