スポンサーリンク

【AEW】アーン・アンダーソンが番組出演者が固定される傾向に苦言。「我々が抱えているジレンマだ」

ニュース

AEWには多くのスターレスラーが在籍しています。

ブライアン・ダニエルソンやCMパンク、ジョン・モクスリーらはテレビ番組への出演機会が多いものの、滅多にテレビに出られず、YouTubeで配信される「AEW Dark」シリーズへの出演がメインになっているレスラーも少なくありません。

ロースターの拡大を続けてきたAEWは、週3時間のテレビ番組の放送ではロースターたちへ十分なチャンスを与えることができない状況にある。そう考えているファンも多いようです。

それは現場でも同じ。レジェンドレスラーのアーン・アンダーソンは、番組出演者が固定される傾向にあることを問題視しています。

俺の息子(ブロック・アンダーソン)もテレビに出られなくなった。記憶が正しければ、息子のデビュー戦はCodyと組んだものだった。QTマーシャルたちと本当に良いプロレスをしたんだが、もう昔のことだから誰も覚えていない。出番があったのは3〜4週間だったな。

レスラーたちの出演機会が少ないのは問題だよ。ダンテ・マーティンは本当に特別な才能を持った子だ。他の誰も持っていないバネがある。ちょっと前までは調子が良かったのに、今はDarkに出てるよ。これは我々が抱えるジレンマだ。まあ、なんとかなるさ。

AAが「なんとかなる」と考えているのは、団大の社長でブッカーでもあるトニー・カーンのことを高く評価しているから。トップレスラーの時間を確保しつつ全ロースターに出番を与えようとしているため、長期的なチャンスを与えられない状況になっているものの、「俺はこの男に投資している」とAAは語ります。

潤沢な資金力を持ち、多くのレスラーと契約できるAEWだからこその悩みかもしれませんね。

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

【AEW】MJFが新日本プロレスを見ない理由は……「グレート-O-カーンはクールだが、お互いの頭を叩き割り合ってるだけの団体」
新日本プロレスとAEWは友好関係にありますが、すべての所属レスラーが相手の団体のことを好意的に受け止めているわけではありません。 先日、CMパンクは「MJFは新日本プロレスが嫌いだろうな」とコメントしていましたが、これは本当だ...
ジョニー・ガルガノがWWE退団の理由を明かす。「キャラクターが陳腐になってしまう」
2021年12月にWWEとの契約を満了したジョニー・ガルガノ。 現在、彼は妻キャンディス・レラエ、そして彼女との間に生まれたばかりの赤ちゃんと共に過ごす時間を優先し、フリーエージェントとしてブッキングを募集している状態です。将...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました