スポンサーリンク

ジョニー・ガルガノが将来的なWWE復帰についてコメント。「今もレッスルマニアで試合をするのが夢だ」

インタビュー

2021年末にWWEとの契約を満了したジョニー・ガルガノ。家族との時間を確保するため、退団後はプロレスラーとしての活動をセーブしています。

多くのファンが彼のAEW入団を待ち望んでいる一方、WWEのメインロースターとして活躍する彼の姿を見たいと願っているファンがいるのも事実。

名勝負を演じられるだけではスターになれない、体格が良くなければ扱いは良くないのがメインロースターの難しいところ。身長178センチ、体重90キロのガルガノがスターになるためには乗り越えなければいけない試練は多いでしょう。

WhatCultureによるインタビューの中で、彼は将来的なWWE復帰について次のように語っています。

結局、WWEは俺が子どもの頃からずっと見ている団体なんだ。WWEと契約し、試合をするのが俺の夢だった。最高の経験をさせてもらったよ。今でも少し満たされない気持ちのほうが大きい。

ただ、NXTでの活動の終盤は、ここでやることはもうないと思っていた。できることはすべてやったって。俺はいつも負け犬で、登るべき山や乗り越えなければいけない丘をずっと探してる。新しい山に登りたいんだよ。退団してからは、少し休んで、リセットして、物事を冷静に見つめ直すことができた。

でも、いつかレッスルマニアで試合ができるかもしれない、という気持ちが無いといったら嘘になる。あそこで試合をするのは夢のようだったし、今でも、いつかインターコンチネンタル王座やWWE王座のチャンピオンになって、レッスルマニアで試合をするのが夢なんだ。達成したことのない夢。

俺は34歳だから、まだまだこれからだよ。ショーン・マイケルズは38歳で復帰してとんでもない活躍を見せたじゃないか。将来何が起こるかなんて誰にもわからない。

Never Say Neverな世界です。彼がWWEの最高峰に駆け上がることだって不可能ではありません。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長がトニー・ストームの入団にコメント。「プロレス愛が戻ってきた、と言っていた」
2021年末にWWEを退団し、新天地にAEWを選んだトニー・ストーム。 WWEでは燃え尽き症候群によりモチベーションを失い、一時は引退を考えるほどの状態になっていました。それだけに、彼女の入団は団体の層が厚くなったこと以上の意...
【WWE】サミ・ゼインが無観客時代やバーチャル観戦システム「ThunderDome」を振り返る。「いろんなことをする余地があった」
2020年に新型コロナウイルスのパンデミックが起き、ファンを会場に動員して番組を放送することができなくなったWWE。 苦肉の策として、会場を長期間リースし、会場にファンをバーチャル表示する「ThunderDome」システムを導...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました