スポンサーリンク

【ROH】オーナーのトニー・カーンは「ECW One Night Stand」を参考に「Supercard of Honor」を作った

ニュース

プロレス界には、いつまでも語り継がれるショーがたくさんあります。

例を挙げればキリがないほどですが、いくつか名前を挙げるなら、史上最高のPPVと称される2001年のレッスルマニア17や、CMパンクとジョン・シナによる伝説の試合が行われた2011年のMoney In The Bank、そしてCMパンクの復帰戦やブライアン・ダニエルソンのサプライズ入団があった2021年のAEW All Outあたりでしょうか。

これらはどれもファンから熱狂的に支持されるショーですが、ここに並ぶほど大盛りあがりだったショーに、2005年に開催されたWWE主催の「ECW One Night Stand」があります。90年代のプロレス界で大ブームを巻き起こしたECWの一夜限りの復活祭で、マイク・オーサム vs 田中将斗は特に高い評価を得ました。

AEW社長、そしてROHのオーナーを務めるトニー・カーンは、先日開催されたROHの復活興行「Supercard of Honor」を、One Night Standを参考に作り上げたことを明かしました。2020年に全所属レスラーとの契約を解除し、体制を一新してから初めて開催されたショー。完全に、ではありませんが、One Night Standに似た要素があります。

ROHの鉄は熱いうちに打て、だ。冷めたトリビュート・マッチはしたくなかった。One Night Standは史上最も素晴らしいPPVの1つなわけだけど、その理由は、WWEがECWの精神をうまく表現し、ショーの中にエキサイティングな要素がたくさんあったからだよね。

思ったのは、「AEWの精神をうまく表現したショーができるんじゃないか。ROH要素のないAEWのショーは嫌だ」ってこと。これはOne Night Standと同じで、あれはWWEのショーではなかったのが素晴らしいところなんだよ。

Supercard of HonorはROHのショーだった。実況席もリングアナウンサーもROHメンバーだしね。AEWから何人かレスラーが参加したけど、ROHと縁がなかったのはFTRだけ…スワーブ・ストリックランドもそうか。でも、皮肉なことに、俺が買収する前からROHはスワーブをブッキングしててさ。スワーブはAEWと契約する前からSupercard of Honorにコミットしてたんだよ。

過去を参考に現在進行系のコンテンツを生み出す。すべてのクリエイターに求められる技術ですが、筋金入りのプヲタであり、大富豪一族の青年でもあるトニーにとっては、さほど難しいことではないのかもしれません。

【WWE】ポール・ヘイマンが「ジョン・シナのECW参戦」を振り返る。「楽しんでいたと思う」
2001年に倒産した後、WWEで復活した伝説のインディ団体ECW。2005・2006年に開催された「ECW One Night Stand」は、元ECWレスラーたちをフォーカスしたPPVでした。 2006年開催の第2回...
【WWE】ポール・ヘイマンが「ECWの観客」をWWE殿堂に推薦
伝説のインディ団体として知られるECW。他団体とは一線を画するコンセプト、熱狂的なファンの存在など、業界の異端児として強烈な印象を残しました。 団体を率いたのはポール・ヘイマン。WWEでは名物マネージャーとして大活躍した彼は、...

Wrestling Inc

あわせて読みたい

マット・ハーディーがコーディ・ローデスのWWE復帰を祝福。「プロレスラーは1つの場所に長く留まることができないんだ」
2016年にWWEを退団した後、世界中のプロレスシーンで自身を価値を高めたコーディ・ローデス。 作り上げた「The American Nightmare」というキャラクターは、2022年4月に彼がWWEへ復帰してからも引き継が...
【AEW】トニー・カーン社長がトニー・ストームの入団にコメント。「プロレス愛が戻ってきた、と言っていた」
2021年末にWWEを退団し、新天地にAEWを選んだトニー・ストーム。 WWEでは燃え尽き症候群によりモチベーションを失い、一時は引退を考えるほどの状態になっていました。それだけに、彼女の入団は団体の層が厚くなったこと以上の意...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました