スポンサーリンク

【AEW】ジム・ロス「MJFは間違いなくAEW世界王座を獲る。早ければ年内にも」

インタビュー

若くしてAEWのスターに成長したMJF。

クリス・ジェリコやCMパンクといったレジェンドたちとの抗争も経験した彼が、今後どれほど凄いレスラーに成長していくのかが楽しみです。

業界内でも彼の評価は高く、いつAEW世界王座を獲得してもおかしくないステータスにあると言ってもいいでしょう。レジェンド実況アナウンサーのジム・ロスは、MJFの今後について次のように語っています。

彼は間違いなくいつかはAEW世界王座を獲る。早ければ今年にでもどうだ?って提案してるんだよ。

とはいえ、候補はたくさんいます。JRは、その筆頭としてアダム・コールの名前を挙げました。

その資格を持つレスラーはたくさんいるよ。アダム・コールはその筆頭だと思う。AEWに来てからダメな試合をしてないし、とても信頼できるレスラーだ。美しいガールフレンド(ブリット・ベイカー)もいて、我々のチームの大きな部分を占めているレスラーだよ。

俺はハングマン・ペイジがAEW世界王座をすぐに手放すべきではないと思ってるけど、もしその時が来たとしても、我々にはレスラーがたくさんいる。ケニー・オメガはまだ復帰してないけど、健康を取り戻せばすぐに復帰するはずだ。ミロやサモア・ジョーなど、素晴らしいチャンピオンになれそうなレスラーはたくさんいるよ。ただ、もし変更が必要な状況になれば、アダム・コールが有力な候補になると俺は思う。

MJFとコールの構想も面白そうですね。というか、まだ実現していない面白そうな構想が多すぎる…。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

カール・アンダーソン & ドク・ギャローズが新日本プロレスからWWEへ移籍した時の苦労を語る。「新日本とは別物。1人ではなく、チームが苦しむ」
2016年、新日本プロレスのトップレスラーたちが次々とWWEへ移籍するという事件が起きました。 AJスタイルズ、中邑真輔、そしてカール・アンダーソン & ドク・ギャローズ。彼らの移籍は内藤哲也やケニー・オメガの台頭のト...
新日本プロレスを退団のジュース・ロビンソンがインパクト・レスリングを語る。「いつか戻ってきたい」
新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことで、新日本プロレスに参戦していた外国人レスラーたちを巡る状況は一変しました。 日本に拠点を移して戦いの日々を送るようになったレスラーもいれば、母国に帰ってたまに来日したり、NJPW ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました