スポンサーリンク

KUSHIDAがWWEとの契約を満了して退団したと報じられる

ニュース

2019年に新日本プロレスを退団し、WWEへ移籍したKUSHIDA。

Fightfulによれば、彼はWWEを退団したそうです。これは解雇されたわけではなく、契約満了による退団とのこと。

両者の間で再契約に関する交渉が行われたのかどうか、KUSHIDAが今後どのような決断を下すのかは不明です。

彼の最後の試合出場は現地3月26日の NXT LEVEL UP。イケメン二郎とのタッグチームとしての出番でした。シングルマッチだと、3月15日放送のNXT 2.0でのA-Kid戦がラストマッチです。

WWEでは2021年にNXTクルーザーウェイト級王座を獲得する実績を残したKUSHIDA。古巣の新日本に戻るのか、それともアメリカを含む世界で新しいリングに上がるのか。契約満了での退団となったため、彼はすぐにでも他団体で活動を開始することができます。

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

カール・アンダーソン & ドク・ギャローズが新日本プロレスからWWEへ移籍した時の苦労を語る。「新日本とは別物。1人ではなく、チームが苦しむ」
2016年、新日本プロレスのトップレスラーたちが次々とWWEへ移籍するという事件が起きました。 AJスタイルズ、中邑真輔、そしてカール・アンダーソン & ドク・ギャローズ。彼らの移籍は内藤哲也やケニー・オメガの台頭のト...
新日本プロレスを退団のジュース・ロビンソンがインパクト・レスリングを語る。「いつか戻ってきたい」
新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことで、新日本プロレスに参戦していた外国人レスラーたちを巡る状況は一変しました。 日本に拠点を移して戦いの日々を送るようになったレスラーもいれば、母国に帰ってたまに来日したり、NJPW ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました