スポンサーリンク

【AEW】ウィーラー・ユウタがBlackpool Combat Club加入の手応えを語る。「理解よりも先に物事が進行していった」

インタビュー

ブライアン・ダニエルソン、ジョン・モクスリー、そしてウィリアム・リーガル。錚々たるメンバーが集って結成したユニット「Blackpool Combat Club」は、今最も注目を集めるAEWユニットです。

ダニエル・ガルシアの加入も検討されていましたが、切符を手にしたのはウィーラー・ユウタ。Rampageでのモクスリーとの激しい一戦を経て加入が認められた彼は、ユニットへの加入についてどう考えているのでしょうか。

Wrestling Incのインタビューに応じた彼は、次のように語っています。

何が起きているのかが分かる前に、俺の周りで物事が進み始めたようなものでさ。ブライアン戦もモクスリー戦も当日知ったんだ。頭の中で、「もしこうなったらどうしよう?」とか、いろいろ考えてはいたんだけどね。でも、「よし、こうなるからね」とはっきり言われたことはない。

俺のパフォーマンス次第だったんだと思う。間違いないね。すべてうまく行ったのは明らかだし、モクスリー戦ではできる限りのことをやったと思う。今までで一番いい試合だったんじゃないかな。あの試合で思ったのは、「彼らからの信頼を得て、誇りに思ってもらい、『あいつはこの先もやっていけるぞ』と思ってもらいたい。マジで信頼を勝ち取りたい」ってことだった。やり遂げることができたと思うな。

競争が激しいAEWにおいて、パフォーマンスで信頼を勝ち取ることは大切です。24歳のユウタはやってのけました。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】ムスタファ・アリ復帰の背景に何があったのか?バックステージは歓迎ムード
2022年1月にWWEからの退団を要求し、それが受け入れられず残留することになったムスタファ・アリ。 2021年10月を最後に試合から離れていた彼は、RAWの最新回で久々に復帰しました。ザ・ミズとセオリーによるMiz TVのセ...
【新日本プロレス】内藤哲也がAEWとの合同興行「Forbidden Door」を語る。「向こうから『内藤と戦いたい!』と叫んでくる」
現地6月26日にシカゴで開催される新日本プロレスとAEWの合同興行「Forbidden Door」。 アメリカでは新日本のトップレスラーの試合を目にすることが少ないので、アメリカのファンはこのイベントのことを心待ちにしています...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました