スポンサーリンク

ボー・ダラスが現役復帰に意欲を示す。「俺はまだ辞めてない」

ニュース

2020年以降、WWEは所属選手やスタッフの整理に積極的です。

今年はまだありませんが、過去2年間は定期的に選手が大量に解雇され、多くのパフォーマーが職を失いました。ロースターを抱えすぎていたこと、若手・体格重視の育成方針にシフトしたこと、社長が黒字を出すことに固執していたことなどが整理の要因とされています。

ブレイ・ワイアットの弟で、2021年にWWEから解雇されたボー・ダラス。現在31歳の彼は、2019年11月を最後に試合をしていません。2021年10月にはMLWが兄ブレイとのセットで彼の獲得を狙っていたそうですが、結局実現しませんでした。一部では「もう引退したのでは」とも考えられていましたが、実際のところはどうなっているのでしょうか?ファンから「引退したの?」と質問されたダラスは次のように答えています。

全然違う。あなたが考えるほど、俺はプロレスから距離を取っているわけじゃないんだ。この1年、俺はプロレス以外の様々な事業に飛び込んだけど、プロレスが俺の心から離れたことは一度もないよ。好きなものに復帰する前に、いくつかやり遂げたいと思うことがあった。

2〜3ヶ月のうちに、どこかのリングでみんなに会えるよ。俺は今もプロレスが大好きだからね。すぐに復帰することもできたけど、他にやりたいことがあっただけ。でも、すぐにリングに戻るよ。もうすぐだ。約束する。

「様々な事業」の中には、2021年に報じられた「家族で不動産業を始めること」が含まれているのでしょう。今後、どの団体のリングに上がるのか、どのような形でキャリアを続けていくのか、注目です。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

新日本プロレスとAEWの合同興行が日本でも開催される可能性はあるのか?
現地6月26日、世界中のプロレスファンが待ち望んでいた新日本プロレスとAEWのスーパーショー「Forbidden Door」が開催されます。 対戦カードはまだ決まっていませんが、先日のRampageでは「プレビュー」としてアダ...
【AEW】トニー・カーン社長が新日本プロレスとのビジネスを語る。「WCWとの歴史も考えると、AEWとの提携はふさわしい」
新日本プロレスで活躍していた外国人レスラーたちが中心となって設立されたAEW。社長を務めるトニー・カーンは、新日本のアメリカ大会の客席でBullet ClubのTシャツを着て、ケニー・オメガたちの戦いの雄叫びを上げていたプヲタです。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました