スポンサーリンク

ジョナとウィリー・マックがインパクト・レスリングとの契約を満了

ニュース

2人のレスラーがインパクト・レスリングから去ることになったようです。

1人目はジョナ。ブロンソン・リードのリングネームでWWEに所属していた彼は、2021年8月に解雇された後、新日本プロレスでの活動を軸に据えつつインパクトにも参戦していました。現地4月23日開催のPPV「Rebellion」では新日本の石井智宏とシングルマッチで対決。試合には敗れたものの、その内容はファンからは好意的に受け入れられました。

先日、彼はTwitterでインパクトとの契約を満了したことを発表。Rebellionの翌日に行われた番組収録が最後の出番でした。「またどこかで会おう」とコメントしていることから、将来的な復帰の可能性を否定しているわけではないようです。

2人目はウィリー・マック。2018年からインパクトに参戦している彼も4月24日の番組収録が最後の出番となりました。

昨夜放送されたエピソードを最後に、俺はインパクトから離れることになった。契約が満了し、新しいオファーを断ったんだ。これからはインディシーンでやっていくよ。

ドラゴンゲートへの参戦経験もあるマック。AAAに定期参戦していることから、AEWに参戦する道はありそうです。

あわせて読みたい

【新日本プロレス】AEWが「Forbidden Door」チケット先行販売の大成功に驚いていると報じられる
現地5月5日、AEWと新日本プロレスが6月26日に開催する合同興行「Forbidden Door」のチケット先行販売が行われました。 販売サイトには2万人以上がチケットを求めてアクセス。セクションを区切って段階的に販売された約...
マルコム・ビベンスがWWE退団についてコメント。「もうやりたくなかった。幸せではなかった」
現地4月29日にWWEから解雇されたマルコム・ビベンズ。 The Diamond Mineのメンバーとして活動していた彼は、2021年の時点で「現在の契約を更新し、WWEに残留し続けることはない」という意思を固めており、202...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました