スポンサーリンク

マルコム・ビベンスがWWE退団についてコメント。「もうやりたくなかった。幸せではなかった」

インタビュー

現地4月29日にWWEから解雇されたマルコム・ビベンズ。

The Diamond Mineのメンバーとして活動していた彼は、2021年の時点で「現在の契約を更新し、WWEに残留し続けることはない」という意思を固めており、2022年2月には団体からの新契約に関するオファーを断ったと報じられました。また、メインロースターに昇格し、オモスのマネージャーになることを提案されたとも噂されています。

ニューヨークで開催されたコメディショーに出演した彼は、WWE退団について語りました。

真実もあるし、噂や推測はもっとたくさんある。2月に新契約のオファーを受けたか?そうだ。それを断ったか?Yes。オモスのマネージャー就任を打診されたか?それはNoだ。オモスという名前は聞かなかった。メインロースターについての話はあったか?あったよ。

みんな、俺のことをクレイジーだと思ってる。「マルコム、君は大金を捨てたんだよ。可能性を捨て、逃げたんだ」とね。そうだ。俺は逃げた。もうやりたくなかったしね。それに、残念なことに、俺は幸せじゃなかった。Stand and Deliverの時にヘッドライターと話し合った時に伝えたよ。そして、2週間前にも「俺には向いてないよ」と伝えた。

それでいい。人間の幸せは、誰かに「こうすべきだ」と言われたことによって決まるものじゃない。幸せは、自分が何をすべきか考えることによって決まるんだから。

The Diamond Mineの一員であるロデリック・ストロングも、団体に対してリリースを要求し受け入れられなかったと報じられました。契約とはいえ、モチベーションが低い状態で働き続けるのは大変でしょう。

今後の活動について、ビベンスは「金額次第」でプロレス界に復帰するかもしれない、とコメントしています。

【WWE】ロデリック・ストロングが過去数カ月間に何度も退団を要求したと報じられる
NXTの大人気ユニットだったThe Undisputed Era。 彼らは確実に一時代を築きましたが、メンバーは誰ひとりとしてメインロースターに昇格していません。アダム・コール、カイル・オライリー、ボビー・フィッシュはいずれも...

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

AEWがブライアン・ダニエルソンに対し「ある条件」を理由にインディ団体へのブッキングを渋っている?
アメリカには多数のインディ団体があります。団体ごとに特色があり、ファンもレスラーもそれぞれの違いを楽しみます。 先日、インディシーンでの活動にも精力的なAEWのジョン・モクスリーはDEFY Wrestlingに参戦してトム・ロ...
【新日本プロレス】Forbidden Door、一般販売チケットは数分で完売。14,000人以上が「現地生観戦」の特権を得る
AEWにとって、シカゴのユナイテッド・センターは特別な会場です。 2021年8月、この会場でCMパンクは約7年ぶりにプロレス界に復帰しました。ショー開催前から「ここでパンクが復帰する」という噂が流れており、その噂だけでチケット...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました