スポンサーリンク

【WWE】ジョン・シナが「WME」に移籍したことが明らかに

ニュース

俳優として大活躍中のジョン・シナ。レッスルマニア38に出場できなかった理由は、製作中の映画「Coyote vs. Acme」の撮影に参加していたからだとされています。

【WWE】ジョン・シナはルーニートゥーンズ映画の撮影でレッスルマニア38へ不参加だったと報じられる
WWEの顔として長年に渡って活躍してきたジョン・シナ。 現在、彼は俳優としての活動をメインとしており、WWEへの参戦は限定的です。2021年に戻ってきた時はファンから大歓声を受け、「Cena Sucksと言われなくていい気分だ...

プロレスラーとしての活動が縮小傾向にあるのは残念ですが、映画館のスクリーンで彼の活躍を目にするのは喜ばしいことです。ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)やバティスタと同様に、俳優としての活動を先に知った人たちが「え、この人プロレスラーなの!?」と驚くケースも増えていることでしょう。

さて、彼に関するちょっとした話題を紹介します。先日、彼は所属するタレント・エージェーシー企業を変更しました。18年間在籍していたICMから、「WME」への移籍です。WME。WWEではありません。

ICMで長年にわたってシナのエージェントを務めてきたダン・ベイミー氏がICMから退社し、新たなマネジメント会社「Intenta Management」を立ち上げることになったのが移籍のきっかけ。ベイミーは引き続きシナのエージェントを担当しますが、映画やテレビ以外の活動はWMEが引き受けることになります。

ベイミーはシナのハリウッドでの成功を支えてきた人物です。ICMはシナの残留を望んでいたようですが、彼はベイミーとの関係を優先したのでしょう。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

新日本プロレスへの復帰が噂されるKUSHIDA。ジュニアヘビー級での活動はもう望んでいない?
WWEとの契約を満了して退団したKUSHIDA。 NXTクルーザーウェイト級王座を獲得するなどの実績を残した彼ですが、メインロースターに昇格することはありませんでした。報道によれば、彼は新日本プロレスに戻る可能性が高いようで、...
【新日本プロレス】AEWが「Forbidden Door」チケット先行販売の大成功に驚いていると報じられる
現地5月5日、AEWと新日本プロレスが6月26日に開催する合同興行「Forbidden Door」のチケット先行販売が行われました。 販売サイトには2万人以上がチケットを求めてアクセス。セクションを区切って段階的に販売された約...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました