スポンサーリンク

【AEW】イービル・ウーノがスチュ・グレイソンの退団にコメント。「世界最高のパフォーマーだ」

ニュース

2019にAEWと契約したイービル・ウーノとスチュ・グレイソン。

インディシーンで活躍していた頃のタッグチーム名「Super Smash Brothers」から「The Dark Order」に変更し、ユニットとしての活動を開始した2人は、AEWの3年間の歩みにおいて欠かせない存在です。The Dark Orderは愛されるユニットへと変貌し、リーダーを務めた「The Exalted One」ブロディ・リーは団体の歴史に永遠に刻まれる存在となりました。

AEWによるブロディ・リー(ルーク・ハーパー)追悼番組に対し、ダニエル・ブライアンやビッグEらWWEスーパースターが反応。「何度も泣いたよ」
現地時間12月30日に放送されたAEW・Dynamiteは、肺病によって亡くなったブロディ・リーの追悼番組になりました。 かつて「ルーク・ハーパー」というリングネームで活動していたWWEの仲間たちもこの番組に対してリア...

先日、グレイソンが4月30日をもってAEWから退団したことが明らかになりました。団体は彼の残留を望んでいたものの、金銭面で折り合いがつかなかったとされています。退団にあたって、彼は次のようにコメントしました。

4月30日、AEWとの契約が満了した。AEWのために働くすべての人々、我々の素晴らしいプロダクション、医療チーム、そして、リングに上がるすべての男女の幸運を祈っている。そして、ファミリーであるDark Orderのみんなの実力がすぐにでも世界中に知れ渡ることを願っているよ。

そして今日、2015年から彼の相棒として苦楽を共にしてきたウーノがコメントを発表しました。

スチュ・グレイソンは世界最高のパフォーマーの1人だ。彼にどんな未来が待っていようと、彼はベストであり続けるさ。

このような形でタッグが解消されるのは悲しいことですが、同時に新しい何かが生まれる可能性も秘めています。今後、グレイソンはどのリングに上がるのでしょうか?

あわせて読みたい

新日本プロレスへの復帰が噂されるKUSHIDA。ジュニアヘビー級での活動はもう望んでいない?
WWEとの契約を満了して退団したKUSHIDA。 NXTクルーザーウェイト級王座を獲得するなどの実績を残した彼ですが、メインロースターに昇格することはありませんでした。報道によれば、彼は新日本プロレスに戻る可能性が高いようで、...
【WWE】ジョン・シナが「WME」に移籍したことが明らかに
俳優として大活躍中のジョン・シナ。レッスルマニア38に出場できなかった理由は、製作中の映画「Coyote vs. Acme」の撮影に参加していたからだとされています。 プロレスラーとしての活動が縮小傾向にあるのは残念で...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました