スポンサーリンク

【AEW】アテナ(エンバー・ムーン)がDouble or Nothingでのデビューにコメント。「まだ信じられない」

ニュース

NXTでアスカのライバルとして活躍していたエンバー・ムーン。

メインロースターとしてはいまいち活躍できず、NXTへ復帰したものの、2021年11月に解雇されてしまいました。その直後、彼女はAEWと接触したとされていますが、そこで契約に至ることはありませんでした。

エンバー・ムーンがAEW入団の可能性に言及。「向こう次第」
2021年11月にWWEから解雇されたエンバー・ムーン。 インディレスラー時代のリングネーム「アテナ」に戻して活動している彼女は、AEWやインパクト・レスリングといった大手団体には参戦せず、Warrior Wrestlingな...

しかし、彼女は昨日開催されたAEWのPPV「Double or Nothing」にサプライズ登場。契約も発表されました。AEW女性戦線に欠けているアスリート性を持つ彼女には必ずチャンスが与えられるでしょう。

サプライズ登場、そして契約について、彼女は次のように振り返っています。

On top of the world!!!昨日の夜に起きたことは今も信じられないよ。AEWのみんな、本当に温かく迎え入れてくれてありがとう。絶対にガッカリさせない!今の私はレベチだから。だって、#ALLELITEだからね!

AEWのリングで大暴れする姿を見るのが楽しみです。団体における黒人レスラーをレペゼンするような存在になってほしいですね。

エンバー・ムーンがWWEでの苦悩を語る。「みんなをマンディ・ローズ化する会議なんて、フェアじゃない」
高い身体能力を武器にWWEで活躍していたエンバー・ムーン。日本のプロレスファンにとっては、無敵だったNXT時代のアスカの好敵手としてお馴染みです。2人の試合は本当にハズレなしでした。 メインロースター昇格後に苦労した彼女はNX...

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】MJFとトニー・カーン社長がDouble or Nothing終了後に話し合いの席を設けた?当日、バックステージで何があったのか?
PPV「Double or Nothing」開催前日のファンイベントをドタキャンしたMJF。ショーへの出場をめぐる狂想曲はプロレスファンの間で大きな話題になりました。 複数のDirt Sheetがこの件について...
AEWロースターたちに心境の変化?WWE行きにも前向きなレスラーがいると報じられる。きっかけはコーディ・ローデス
WWEで思うように活躍できなかったレスラーがAEWへ移籍する、という光景は、ここ数年のプロレス界のトレンドでした。 移籍したおかげで実力に見合ったスポットライトを浴びることができるようになったレスラーは複数おり、彼らはAEWで...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました