スポンサーリンク

【AEW】CMパンクの怪我&手術が判明したのはRampage放送直前だったと報じられる

ニュース

Rampageの最新回で負傷と手術の必要性を明かしたCMパンク。AEW世界王座を獲得して間もなく離脱してしまうことは、彼にとって痛恨の出来事でしょう。

【AEW】CMパンクが負傷により手術を受けることを明かす。「より強く、よりハングリーになって帰ってくる」
PPV「Double or Nothing」でハングマン・ペイジを破りAEW世界王座を戴冠したCMパンク。 Dynamite最新回でもFTRとトリオを組んで試合に挑んでいましたが、今日放送されたRampageで重大発表がありま...

本来であれば、彼はAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」で棚橋弘至と対決する予定でした。しかし、彼の怪我によって計画が変更され、Forbidden DoorのメインイベントはAEW世界王座の暫定チャンピオンを決定する試合ということに。誰と誰が対戦することになるとしても、スケールダウンは否めません。

しかし、レスラーの怪我は避けられないものであり、タイミングこそ残念ではあるものの、パンクを責められるものではありません。PWInsiderによれば、彼の怪我が判明したのは、Dynamite最新回行われ、AEW世界王座チャンピオンとしての初陣となった6人タッグマッチ(パンク&FTR VS マックス・キャスター&ガン・クラブ組)の後だったとのこと。この試合後に棚橋がステージに登場したので、この時点では2人の対決が実現することを誰も疑っていなかった、ということになります。

しかし、Rampage最新回の放送直前に「手術しなければならない状態だ」ということが判明したとのこと。発表のためにリングに上がったパンクの目は腫れており、バックステージで泣いていたことが伺えました。本当に辛かったのでしょう。

彼はAEW世界王座を返上せず、暫定王座が設けられることになります。復帰までにどれくらい時間がかかるのかわかっていませんが、万全の状態で復帰してほしいですね。もしかしたら、彼が新日本の東京ドーム大会「レッスルキングダム」に参戦し、棚橋と戦うこともあるかもしれませんし。

PWInsider

あわせて読みたい

【AEW】ブッカーTがハングマン・ペイジのAEW世界王座チャンピオンとしての歩みを批評。「グッドワーカーだが…」
ケニー・オメガを破り、第4代AEW世界王座チャンピオンとなったハングマン・ペイジ。約半年間にわたって防衛を続けてきましたが、5月のPPV「Double or Nothing」でCMパンクに敗れ、タイトルを失ってしまいました。 ...
【AEW】ハーディーズがスティングの無茶苦茶ぶりを語る。「お前がやらないなら俺があいつらの上にダイブする、って言い出してさ」
90年代のWCWを代表するトップスターで、現在はAEWで大暴れ中のスティング。試合数は多くないものの、彼がメンターを務めるダービー・アリンの試合中に場外乱闘になると、率先して危険なムーブを披露しています。高所からのダイブはAEW時代のスティ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました