スポンサーリンク

【AEW】ハーディーズがスティングの無茶苦茶ぶりを語る。「お前がやらないなら俺があいつらの上にダイブする、って言い出してさ」

インタビュー

90年代のWCWを代表するトップスターで、現在はAEWで大暴れ中のスティング。試合数は多くないものの、彼がメンターを務めるダービー・アリンの試合中に場外乱闘になると、率先して危険なムーブを披露しています。高所からのダイブはAEW時代のスティングの代名詞ですね。

63歳の今も身体を危険に晒し続けているレジェンドレスラーについて、周囲の選手たちはどう考えているのでしょうか?彼と一緒に仕事をする機会の多いハーディーズ(マット & ジェフ・ハーディー)は、クリス・ジェリコのPodcast番組「Talk is Jericho」の中で、スティングのヤバさにコメントしています。

マット: Revolutionでスティングたちと6人タッグマッチをやった時はスリル満点だったね(2022年2月開催の同大会で、マットはアンドラーデ&アイザイア・キャシディとトリオを組んでスティング&アリン&サミー・ゲバラ組と対戦した)。「ハイライトになるようなことををやる必要がある」って彼が言い出してさ、それで彼はバルコニーから飛び降りたんだよ。4台のテーブルに向かってね。マジ凄かった。あの試合では彼と絡む機会が多かったんだけど、彼とは2011年にTNAでちょっとだけ一緒に仕事をしてたんだ。

最高の男だよ、ほんと。変な感じはするけどね、だって彼は俺たちよりも何世代も前のレスラーなんだからさ。まだプロレスを続けていて、パフォーマンスすることにとても熱心だ。チャンスは逃さないし、他のレスラーたちの手助けもするし、意見も言ってくれる。彼は常に最高の姿勢で仕事に取り組んでいるから、一緒にいて本当に楽しいよ。彼と一緒に働けるなんて興奮するよな。

ジェフ: (3月に放送されたDynamiteでのアリン&スティング&ハーディーズ VS アンドラーデ&ザ・ブッチャー&プライベート・パーティ組で)高所にある窓枠からテーブルに向かってスワントーンしたんだけどさ、あれ大変だったんだよ。足場が1フィートもないようなところだったから。

MUST SEE: Jeff Hardy takes Flight in the 8 Man Tornado Tag Match | AEW Dynamite, 3/23/22

ジェフ: でも、あの日のスティングは言ったね。「お前がやらないなら、俺がやるぞ。集団の上にダイブしてやる」なんてさ。

マット: ダービー・アリンがさ、「飛び降りられそうな超クールな足場を見つけたぞ。何人もの連中に向かってダイブできそうだ」って。そしたら、スティングのエンジンが掛かったのが誰の目にもわかるんだよ。彼は俺に対してかなりアグレッシブな感じで「マット、あそこから飛び降りたくはないだろ?どうだ?」って聞いてきたんだ。「まあ、フィットするならやるよ。俺の趣味ではないけど、絶対にやらないわけじゃない」と返したら、彼は「すまんすまん。要は、俺が飛び降りたいんだ。みんなが望むなら、やるよ」って言い出してさ。まあ、ジェフはダービーに半ば強制的に志願させられたようなものだよね。

レジェンドの存在は、職場に好影響を与えているようです。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】MJFが番組のイントロ映像から削除される
WWE・RAWの収録をボイコットし、無期限謹慎処分となったサーシャ・バンクスとナオミ。2人はWWEの番組のイントロ映像にも起用されていましたが、謹慎処分となったことで別のWWEスーパースター(コーディ・ローデスとロンダ・ラウジー)に差し替え...
【AEW】ブッカーTがハングマン・ペイジのAEW世界王座チャンピオンとしての歩みを批評。「グッドワーカーだが…」
ケニー・オメガを破り、第4代AEW世界王座チャンピオンとなったハングマン・ペイジ。約半年間にわたって防衛を続けてきましたが、5月のPPV「Double or Nothing」でCMパンクに敗れ、タイトルを失ってしまいました。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました