スポンサーリンク

デイビーボーイ・スミス・ジュニアが幻に終わったWWE復帰プランを語る。「みんながパニックになるほどの色男になるはずだった」

ニュース

2021年、デイビーボーイ・スミス・ジュニアは一時的にWWEへ復帰したものの、本格的な活動開始を待つことなく団体から解雇されてしまいました。

久々にWWEロースターに復帰した彼の試合数はたったの1つだけ。SmackDownのダークマッチへの出場でした。もちろん、計画ではこの1試合以外にもチャンスが与えられる予定でしたが、事情があって実現しなかったようです。

Inside The Ropesの取材に応じた彼は、幻となったWWE復帰プランに付いて語りました。

ジョン・コーン(レフェリー)に言われたのは、「君のデビューはSmackDownになるよ。前のダークマッチはとても良かったし、ビンス(・マクマホン)も気に入っていたからね」って。「素晴らしいな。待ってるよ」と伝えた。それで、タンパでの収録でダークマッチに出てほしいと言われ、バックステージでは映像も撮ろうという話になった。父(デイビーボーイ・スミス)のレザーベストと一緒にね。

ドキュメンタリーのようなものを見せようとしていたみたいだけど、運の悪いことに、そのタイミングで俺がコロナに感染してしまってね。3週間から1ヶ月くらい動けなくなってしまったんだよ。それで、俺のことは忘れられてしまったみたいだ。テレビの収録に1・2回行って、カムバックできるのを待っていたんだけど、「彼ら」に呼ばれてしまってさ。ジョニー・エース(タレント・リレーション部門責任者)も誰かを解雇するのは辛いし、俺の名前が解雇者リストに入っているのは残念そうだったけど、そういうことになって。伝えてきたのは他の人だったけどね。

彼らが俺に何を期待していたのかはわからない。唯一言われたのは、SmackDownでデビューするよていだったということ。それと、「The Stampede Stud(みんながパニックになるほどの色男)」と呼ばれることになるだろう、ってことだね。実現することはなかったけど。俺のせいじゃないよ。俺はちゃんとアピールしたからね。

Harry Smith competes for the first time in a decade: July 16, 2021

どんなスタイルもできてしまう、どんな技もかけたがってしまう。新日本時代のスミスはこうした傾向が見られ、それが否定的な意見を呼ぶこともありましたが、WWEで色男として活動することになっていれば、ちょっと違う意味で受け止められることになったかもしれないですね。

ITR

あわせて読みたい

【AEW】CMパンクが「怪我をしたにも関わらず、AEW世界王座を返上しなかったこと」についてコメント「俺は返上を申し出たんだ」
PPV「Double or Nothing」でハングマン・ペイジを破り、AEW世界王座を獲得したCMパンク。 しかし、PPV明けのDynamiteでの6人タッグマッチ後に負傷が発覚し、手術を受けなければいけない状態だということ...
【AEW】負傷中のケニー・オメガがPRP(多血小板血漿)療法を受ける動画が公開される
2022年3月にスポーツヘルニアと膝の関節鏡手術を受けたケニー・オメガ。そろそろ手術のリハビリが終わりそうな頃ですが、彼の復帰に関する噂は「当分先になる」というものばかりです。 現在も治療に励むケニー。The LifeMed ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました