スポンサーリンク

【WWE】会長&CEO辞任のビンス・マクマホンの代役にステファニー・マクマホンが抜擢されたのは「変化はない、という合図」?

未分類

不倫相手に口止め料300万ドルを支払ったことが判明したビンス・マクマホン。WWE役員会が実態を調査しており、調査が続いている間、ビンスは会長 & CEO職を辞任することになりました。彼の代役は、彼の実の娘で、現在休職中のステファニー・マクマホンです。

ビンスの代わりがステフ、というのは自然な流れのように思えます。女性絡みのスキャンダルだったこともあり、女性を代役に抜擢することで「団体として女性を軽視しているわけではない」というアピールになるでしょう。

理由はそれだけではないようです。CNBCによれば、ステフが任命された理由は「ビンスが退いても権力構造は変わらない、という合図」とのこと。また、PWInsiderは、任命理由を「シームレスに、スムーズに団体運営を続ける、というメッセージを伝えるため」と報じています。

ステフはWWEが伝えたいメッセージに適した存在だったわけですね。「家族との時間を優先する」という目的で休職したステフですが、こうした形で父親の尻拭いをすることになるとは思っていなかったでしょう。

(CNBC, PWInsider)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンのスキャンダル、ステファニー・マクマホンの復職。団体内のリアクションはどうなっているのか?
ウォール・ストリート・ジャーナル誌によるスクープにより、スキャンダルが明らかになったビンス・マクマホン。 女性従業員と不倫関係となったこと、彼女をおもちゃのように扱ったとされること、彼女に300万ドルを支払う代わりに秘密保持契...
【WWE】複数の団体関係者が「サーシャ・バンクスの解雇報道は正しい」と考えていると報じられる。後釜の用意は簡単と考えられているらしいが…
RAWの収録をボイコットして無期限謹慎処分となり、先日解雇報道が出たサーシャ・バンクス。 Wrestling Ingによるスクープの後、複数のDirt Sheetがこの件を確認しようとしたものの、はっきりとした情報は得...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました