スポンサーリンク

【AEW】ブライアン・ダニエルソンの代役としてデビューのクラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)。本来のデビュー計画はどうなっていた?

ニュース

AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。

ブライアン・ダニエルソンとザック・セイバー・ジュニアのシングルマッチはブライアンが負傷したことにより実現せず、ブライアンの代役として元WWEセザーロことクラウディオ・カスタニョーリが登場してザックに勝利しました。彼はBlackpool Combat Clubのメンバーとして活躍していくことになります。

【AEW】ブライアン・ダニエルソンの代役はクラウディオ・カスタニョーリ(元WWEセザーロ)!ザック・セイバー・ジュニアと激突
現地6月26日開催のAEW&新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。 目玉カードの1つだったブライアン・ダニエルソン VS ザック・セイバー・ジュニアのテクニシャン頂上決戦は、ブライアンが怪我で出場不可能にな...
【新日本プロレス】AEWとの「Forbidden Door」に柴田勝頼がサプライズ登場!
現地6月26日開催の『Forbidden Door』。AEWと新日本プロレスの合同興行は見どころたっぷりの素晴らしいショーになっています。 出場不可のレスラーが続出したことで一部カードは変更になってしまったものの、それでもファ...
【AEW】Forbidden Doorで棚橋弘至に勝利したジョン・モクスリー。CMパンクが欠場していなければ、海野翔太との共演が計画されていた
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。 カード編成は大変でしたが、海外ファンからの評価は非常に高く、Cagematchのユーザーレビューでは10点満点で平均9.28(記事作成時点)と年間ベスト級の高...

ブライアンの欠場によってForbidden Doorでデビューすることになった彼ですが、本来はどのような形でAEWに初登場する予定だったのでしょうか?Forbidden Door終了後の記者会見の中で、トニー・カーン社長はその裏側を語りました。

まず、両者が接触し、トニー側が好感触を掴んだのは6月2日。その時点ではどこでデビューするかは決まっておらず、現地7月23日に開催されるROHのPPV「Death Before Dishonor」でのデビューになる可能性もあったようです。

その後、トニーは秘密裏にクラウディオとの契約を締結しますが、このことはブライアンにも知らされていませんでした。ブライアンのコンディションが良くないことがわかった時、彼から「クラウディオを代役にするのはどうか」というアイデアが出て、そこで「俺はクラウディオと契約してるんだ」と伝えたとのこと。ブライアンがクラウディオをどれほど信頼しているか、というのがわかりますね。

"Uppercut Swingphony (1812 Overture)" Claudio Castagnoli AEW Entrance Theme | AEW Music

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長がDirt Sheetに団体内の情報ダダ漏れの現状に苦言。「恥ずかしいよ」
海外プロレスを構成する要素の1つにDirt Sheetがあります。 プロレス界の裏側を報じたり、選手や関係者たちにインタビューして情報を聞き出したりするウェブメディアです。日本のプロレスメディアとは毛色が異なり、Dirt Sh...
【AEW】ハングマン・ペイジが怪我人続出の状況にコメント。「ある意味、楽しくなくなってきている」
AEWには怪我人が続出しています。 今日開催される新日本プロレスとの合同興行「Forbidden Door」には、ケニー・オメガ、ブライアン・ダニエルソン、CMパンクといった大物レスラーたちが出場不可能に。3人とも万全な状態で...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました