スポンサーリンク

【WWE】アダム・コールがNXTでの最後の日を振り返る。「試合後、赤ちゃんみたいに泣いたよ」

インタビュー

NXTの人気ユニット「The Undisputed Era」のメンバーとして活躍していたアダム・コールは、2021年夏のPPV「Takeover: 36」を最後にWWEから去りました。

ラストマッチの相手はカイル・オライリー。The Undisputed Eraの仲間で、キャリアの初期から切磋琢磨してきた特別な相手です。

カート・アングルのPodcast番組にゲスト出演したコールは、この日のことを思い出しながら、その時の気持ちをしみじみと語りました。

俺は感情的になっちゃう方でさ。これは今までに言ったことがないはずだけど、試合後、赤ちゃんみたいに泣いたんだよね。試合前に座りながら煽りVTRを見ていたな…。カイルとの、2009年から現在までのこと。ROHや新日本での試合。俺はこの試合がNXTでのラストマッチになることをわかってたから…ステージに出ていく前にも泣いてたね。

カイルと試合ができて…彼ほど一緒に戦ってきた人はいないんだよ。俺のROHでのページも、PWGでのページもカイルと一緒に閉じた。そして、NXTもそうなって。特別な夜だったね。とても感情的になってしまったよ。

オライリーとの関係が特別であることをたびたび公言しているコールですが、特別なシチュエーションでそうした相手と試合をするとなると、湧き上がってくる感情も特別なのでしょう。AEWでも同僚になった2人の物語はこれからも続きます。

【AEW】カイル・オライリーがアダム・コールとの絆を語る。「あいつの近くにいるためなら何でもする」
プロレスラーには、キャリアを重ねれば重ねるほどドラマが生まれます。誰かとの奇妙な縁が仕事を生み、お互いをかけがいのない存在だと認識するほどになっていくことも。 カイル・オライリーにとって、アダム・コールは運命の人でした。ROH...

O’Reilly and Cole write the final chapter: NXT TakeOver: 36 (WWE Network Exclusive)

Wrestling Inc

あわせて読みたい

ディズニーランドで働いていたジョーイ・ライアンが解雇される
2020年、新型コロナウイルスのパンデミックで揺れるプロレス界をさらに大きく揺るがした一大ムーブメント「#SpeakingOut」がTwitter上で起こりました。 主に男性プロレスラーたちの問題行為(その多くは性的なもの)が...
【AEW】ケニー・オメガが復帰への悲痛な思いを語る。「休めば100%で復帰できる…なんて、そんなことはないんだ」
2010年代後半のプロレス界最大のスターは新日本プロレスのケニー・オメガでした。 世界中のプロレス界に非常に大きな影響を与えるような活躍を披露し、AEW設立には欠かせない存在だったケニー。彼とオカダ・カズチカの抗争やクリス・ジ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました