スポンサーリンク

【WWE】ウィリアム・リーガル卿がギュンター(ウォルター)を絶賛。「パーフェクトなヘビー級のライオンだ」

インタビュー

オーストリア出身の巨人、ギュンター。

「ウォルター」のリングネームでインディシーンやNXT UKで大活躍していた彼は、アメリカへの移住に乗り気ではなかったためメインロースターへの昇格が遅れていたものの、覚悟を決めてついにアメリカへ移り住み、リングネームを「ギュンター」に変更してメインロースターとしての活動を開始します。ビンス・マクマホンの命令により体重を減らし、ビンスが考える「テレビ向きの体型」となった彼は、インターコンチネンタル王座を獲得するなど、団体内で一定の評価を得ています。

【WWE】ウォルターが強烈な逆水平チョップを使い続けている理由を語る
オーストリア出身のパワーファイター、ウォルター。2017〜18年にかけてヨーロッパのインディシーンで大ブレイクし、数々の名勝負を生み出しました。現在はNXT UKの中心人物として活動中です。 彼のプロレスといえば、強烈過ぎて見...
【WWE】ウォルターが「NXT UKの重要性」を語る。「アメリカで生活することには乗り気じゃなかった」
2018年から配信が始まったNXT UK。ヨーロッパ各地を拠点とする選手たちを集め、高いクオリティの試合を提供しています。 2019年にWWEと契約したウォルターはNXT UKの中心的存在です。「After The Bell」...
【WWE】ビンス・マクマホンがギュンター(ウォルター)に減量命令
ヨーロッパのインディシーンを中心に大活躍したウォルター。 現在、彼はWWEのメインロースターとして「ギュンター」のリングネームで活動しています。このリングネームについても一騒動ありましたが、何よりもメインロースターとして活躍の...
【WWE】ギュンター(ウォルター)がアメリカ移住を語る。「NXT UKが手狭になったように感じた」
ヨーロッパのプロレス界で大活躍してきたウォルター。 恵まれた体格、パワフルなスタイル。いくつもの名勝負を生み出してきた彼は、長年に渡って「アメリカへ移住するのは嫌だ」と考え、WWEとの契約後もNXT UKで活動していました。 ...
【WWE】ギュンター(ウォルター)の評価が急上昇中。「輝いて見えている」
選手層の厚いWWEとはいえ、新しいスターの誕生は常に待ち望まれています。 特に今のWWEにとって、スターの育成は急務です。ローマン・レインズは出場試合数を減らす新契約に合意し、コーディ・ローデスは胸筋断裂の怪我により9ヶ月間の...

NXTのGMを務め、ブランドの発展に大きく貢献したウィリアム・リーガルは、ギュンターがアメリカでの活動を本格的に開始し、メインロースターとして羽ばたいていく準備を始めたのとほぼ同時期にWWEから解雇されたため、その様子を間近で見ることはできませんでした。しかし、彼はギュンターを非常に高く評価しています。自身のPodcast番組の中で、彼はギュンターを次のように評しました。

彼は自分が何者であるかを理解し、一番得意なことに専念している。「自分向きではない」と思うことは何もしないし、何をするべきかを正確に把握しているんだ。そうなるまでに時間はかかってしまったけどね。

彼がWWEのトライアウトを受けた時のことを覚えてるよ。その頃、彼は自分自身のことをちゃんと理解できていなかった。ただ、自分を理解した後のウォルターというレスラーは……今はギュンターだね。完璧なヘビー級のライオンになったんだよ。

俺の話だけど、俺のプロレスのスタイルに大きな影響を与え、助けてくれたのは、一緒に戦うのが楽しみな先輩レスラーだったんだ。テリー・ラッジという人でね。彼は20代前半だった俺にプロレスのやり方や考え方を教えてくれた。「プロレスラーは大きなネコ科動物のように戦うべきなんだ」って言ってたよ。身体が小さいならチーターのように、中くらいならピューマのように、大きめなら虎やヒョウのように。ヘビー級はライオンか虎、その中間のような戦いをするべきだ、っていう教えだね。レスラーのムーブや攻撃の手法、その方法……良いレスラーのそれは完璧に理にかなっている。

ギュンターは完璧なライオンだ。ライオンであるための方法を正確に理解している。ライオンのやり方を考えてみようか。相手を付け狙い、機会を伺い、必要な時にピシャリと叩く。全力で走る。そして仕留める。彼は役割を完全に理解しているんだ。完璧なライオンになる方法を知っている。それこそが、本当に優れたヘビー級レスラーのあるべき姿だよ。

大絶賛ですね。ギュンターは現在のプロレス界で最も優れたレスラーの1人だと思いますし、メインロースターになってもライオンであり続けてほしいです。

Gunther vs. Ricochet – Intercontinental Title Match: SmackDown, June 24, 2022

(Fightful)

あわせて読みたい

ディズニーランドで働いていたジョーイ・ライアンが解雇される
2020年、新型コロナウイルスのパンデミックで揺れるプロレス界をさらに大きく揺るがした一大ムーブメント「#SpeakingOut」がTwitter上で起こりました。 主に男性プロレスラーたちの問題行為(その多くは性的なもの)が...
【AEW】ウォードローが将来的なWWE入団の可能性を否定せず。「Never Say Never」
MJFとの抗争の中でファンから熱い支持を集め、一躍スターとなったウォードロー。 ムキムキの体、きれいなスワントーンボムを決める身体能力の高さ、ルックスの良さ。スターの素質を兼ね備え、マット・ハーディーもその将来性を高く評価して...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました