スポンサーリンク

クリス・ジェリコがブロック・レスナーとのガチ喧嘩(2016)を語る。「ランディ・オートンへの危険なエルボーにクソむかついた」

インタビュー

WWEの超大物選手同士がバックステージでガチ喧嘩。ビンス・マクマホンが仲裁に入って事なきを得た…そんな話です。

事件が起きたのは2016年のSummerSlam。ブロック・レスナーはランディ・オートンと対戦し、オートンの頭部に執拗に打撃を加え、レフェリーストップで勝利しました。ノックアウトされたオートンは頭部から流血。MMAファイターとしての実績も十分なレスナーが一方的な打撃で勝利するという展開に、現場にいた関係者でさえ、「レスナーが掟を破った」と思ったといいます。

実際には、これは「レスナーが強いということを知らしめる」ことを目的とした試合で、2人は試合の結末を理解した上でリングに上がっていました。しかし、このことを知っていた関係者はごくわずか。レスナーの危険な打撃に怒ったクリス・ジェリコはバックステージで彼に詰め寄り、一触即発になりました。

Podcast番組「True Geordie」にゲスト出演したジェリコは、この試合が本当に危険だったこと、レスナーがオートンのことを殺してしまいかねないものだったと主張。レスナーへの憤りを振り返りました。

ブロックはランディ・オートンと試合をしていた。残忍な殺人者のように、オートンの頭部にエルボーを叩きつけていたんだ。あれが予定されていたものだったのかどうか、俺は知らなかった。誰も教えてくれなかったしね。でも、エルボーが側頭部に当たると死んでしまうかもしれないんだよ。テンプルにハードヒットを食らったら死にかねない。ゴリラポジションで試合を見ていた俺は、彼にクソ腹が立った。

戻ってきたブロックは、俺がそのことについて怒っているのを見て、「俺にかかってこいよ」って感じになった。ちょっとモメたね。俺は「このクソ野郎、あいつがデカいことなんて知るか。どうでもいい。あれは間違っていた。俺は死ぬまで戦うぞ。自分が信じるもののために、死ぬまで立ち上がってやる」と思ってた。文字通り、あいつと鼻を突き合わせていたのを覚えているよ。笑ってやがった。あいつは、今ならキャンセルされてしまうようなことを言ってたんだ。決して言ってはならない、同性愛嫌悪の言葉だった。

どれほどの怒りがあったのかがわかりますね。仲間が危険な目に合っているのを見て、黙っていられなかったのでしょう。

この試合はしんどいです。

Brock Lesnar's craziest moments: WWE Playlist

SESCOOPS

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガが「一部ファンから日本人レスラーへのネガティブなリアクション」に苦言。「本当に悲しいことだ」
AEWには世界中からレスラーが集まっています。 日本人レスラーたちの貢献も大きく、里歩と志田光はAEW女子世界王座のチャンピオンとしてしっかりと結果を残しました。彼女たちはファンからの支持もしっかりと集めていますが、「好きじゃ...
【AEW】トニー・カーン社長が日本でのForbidden Door開催の可能性を否定。「時間帯や収益のことを考えると…」
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」は世界中のプロレスファンを喜ばせました。 名勝負だらけのカード、柴田勝頼やクラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)のサプライズ登場。様々な理由で実現しなかったカー...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました