スポンサーリンク

【AEW】サンタナ&オルティスの不仲をコナンが認める。サンタナには退団の噂も

ニュース

2012年に結成されたタッグチーム「サンタナ&オルティス」。

インパクト・レスリング時代はコナン率いるLatin American Xchangeのメンバーとして活躍していた2人は2019年にAEWへ移籍し、クリス・ジェリコ率いるThe Inner Circleに加わってトップタッグチームとして活動を続けてきました。

誰もが認める名タッグチームですが、最近は不仲の噂が流れており、今後の活動が不透明になっているのではないか、と囁かれていました。タッグとして試合に出場する機会が徐々に減る一方で、サンタナがシングルマッチに出場することが増えています。また、サンタナは4月にTwitterで「126日」と」ツイート。その日から126日後が9月1日、つまり彼とAEWの契約が切れるタイミングに当てはまると推測されています。

Podcast番組「Keepin’ It 100」の中で、コナンは2人の不仲を認めました。2人と親しいベテランが言うのだから、噂は本当なのでしょう。サンタナはBlood & Gutsマッチで負傷し、長期間のリハビリが必要な状況だと報じられていることから、この試合が2人で出場する最後の試合になる可能性もあるようです。

SANTANA AND ORTIZ vs EJ LEWIS AND BIG GAME LEROY | AEW DARK 6/2/20

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

【WWE】クリス・ジェリコが語る「いったい何がビンス・マクマホンをクリエイティブの天才たらしめているのか」
WWEを世界最大のプロレス団体に成長させ、この業界で最も強い影響力を持つ男、ビンス・マクマホン。 彼の手腕には常に賛否両論が飛び交うものの、団体を成功に導いていた実績は否定できるものではありません。彼のクリエイティブにおける才...
【AEW】マルコ・スタントが契約末期の辛い状況を振り返る。「社長にメッセージを送っても返事が来ないんだ」
2019年に設立されたAEWは、初期メンバーたちと3年の複数年契約を結ぶケースがほとんどでした。 そのため、2022年は彼らが揃って契約切れを迎える一年となり、何人かのレスラーがインディシーンに戻ることに。元ジュラシック・エク...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました