スポンサーリンク

【AEW】マルコ・スタントが契約末期の辛い状況を振り返る。「社長にメッセージを送っても返事が来ないんだ」

ニュース

2019年に設立されたAEWは、初期メンバーたちと3年の複数年契約を結ぶケースがほとんどでした。

そのため、2022年は彼らが揃って契約切れを迎える一年となり、何人かのレスラーがインディシーンに戻ることに。元ジュラシック・エクスプレスのマルコ・スタントもその1人です。

彼の退団についてはいくつかの悲しい噂が流れていました。2021年下半期からテレビ番組へ出演する機会がなくなってしまった彼は、団体からコミュニケーションを取られる機会がほとんどなくなってしまった…という話もあり、この噂を通して「AEWが期待していないレスラーに対してどのように振る舞うのか」をファンは知ることになったのです。

【AEW】ジョーイ・ジャネラが退団の意思を固める。「再契約に興味はない」
2019年に旗揚げしたAEWの初期メンバー、ジョーイ・ジャネラ。インディシーンで精力的に活動し、支持を受けていた彼のAEWでのキャリアは想像以上に厳しいものになりました。 PPVとして開催された2019年の「Fyter Fes...

NBCによるインタビューの中で、スタントはAEWとの契約切れが迫っていた時期の苦しみを明かしました。

最後の方は団体とのコミュニケーションがまったくなかったから、今後がどうなるのかは俺も知らなかったんだよね。リリースされて初めて「契約は更新されないんだ」とわかったくらいで。メールしても返事は来ないし、トニー(・カーン社長)へのメッセージも音沙汰なしだった。

こんな状況ではありましたが、AEWからリリースされた後、彼はトニーに感謝のメールを送ったそうです。

「やあ、あなたが与えてくれたすべてのチャンスに感謝してるよ」って感じの内容だったかな。素晴らしい経験をさせてもらったから。夢の中で過ごさせてくれてありがとうと伝えたかったんだ。このメールには返事が来たよ。「いろいろとありがとう。もっとスポットライトを当てることができなくて申し訳ない」みたいな内容だったね。

塩対応というか…。忙しすぎてそこまで手が回らないのかもしれませんが、マネジメントのやり方は要検討な気がします。

MICHAEL NAKAZAWA vs MARKO STUNT | AEW DARK 7/14/20

Wrestling Inc

あわせて読みたい

カール・アンダーソン & ドク・ギャローズは新日本プロレス & インパクト・レスリングとどのように活動していくことになるのか?
インパクト・レスリング所属のThe Good Brothers(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)。 2022年、2人は古巣新日本プロレスのBullet Clubに本格的に復帰し、久々の新日本凱旋を果たしまし...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがアンドラーデとの「禁断の扉」を開くことに意欲を示す。「やりたい。プロレスに政治はいらない」
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」はファンからの評価も高い素晴らしいショーでした。しかし、そこに出場するに十分な資格を持っているはずの男は、複雑な理由でリングに上がることを許されなかったのです。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました